※当サイトではアフィリエイト広告を利用しています。

焚き火 記事一覧

焚き火 記事一覧
  • 焚き火台
  • ウッドストーブ
  • ファイヤースターター
  • 火吹き棒
  • 薪ばさみ
  • グローブ
  • ナイフ
  • ノコギリ etc…

キャンプの醍醐味と言えば焚き火!

焚き火台は薪をそのまま載せることができるサイズから、ウッドストーブのように手のひらサイズの焚き火台、B6サイズの焚き火台など、大きさも使い勝手もさまざまです。

むすめ。
むすめ。

焚き火も調理も楽しめる焚き火台が使いやすい!

おとん
おとん

小さなウッドストーブも意外と楽しい!

焚き火をする上で必要となる焚き火台や、トングやファイヤースターターなど焚き火を楽しむためのギアを紹介します。

エバニュー アルコールストーブスタンドDX レビュー!おすすめしたい5つのメリット

エバニュー アルコールストーブスタンドDXはアルコールストーブの煙突効果の仕組みで火力が更にアップする五徳です。ウッドストーブとして焚き火も楽しめ燃料が足りなくなったとしても焚き火で湯沸かし出来たりなどおすすめしたいメリットをレビューします

焚き火も楽しめる!エバニュー アルコールストーブスタンドの使い方 徹底レビュー

エバニュー アルコールストーブスタンドDXは、アルコールストーブの火力をアップさせ五徳としても使えます。エバニュー アルコールストーブスタンドDXの使い方や注意点、組み立て方から着火、焚き火やスタッキングのやり方などまとめてレビューします。

重量500g以下を厳選!ソロキャンプにおすすめしたい軽量焚き火台

ソロキャンプ向けの1kg以内の軽量焚き火台はたくさん販売されていますが、更に軽い500g以下の超軽量焚き火台をまとめました。無駄を削ぎ落としたシンプルなデザインの焚き火台が多く、持ち運びも簡単なため軽量焚き火台はソロキャンプにおすすめです。

初心者さん必見!ソロキャンプにおすすめしたい焚き火台の選び方 ポイント10選

焚き火台は色々なメーカーから多種多様な焚き火台が販売されてます。キャンプスタイルによって選び方は変わってはくるのですが、その中でもソロキャンプにおすすめしたい焚き火台の選び方を10個のポイントやおすすめの焚き火台と一緒に詳しくレビューします

なぜ人気?ピコグリル398をソロキャンプにおすすめしたい5つの魅力 レビュー

ピコグリル398は軽量で持ち運びしやすく、料理も焚き火もしやすい人気の焚き火台です。あまりの人気にパチグリルと呼ばれる大量の偽物も出回ってますが、なぜピコグリル系焚き火台が人気なのかピコグリル398を使って感じた5つの魅力をレビューします。

直火気分を楽しめる ロースタイル 焚き火台の選び方&おすすめ5選

直火気分で焚き火を楽しみたいとキャンパーさんにはロースタイル 焚き火台がおすすめです!ソロキャンプにおすすめしたいロースタイル 焚き火台の選び方やおすすめの焚き火台、うちがウルフアンドグリズリー ファイヤーセーフを選んだ理由をレビューします

ソロストーブ ライト レビュー!ソロキャンプにおすすめしたい5つのメリット

ソロストーブ ライトはに二次燃焼が楽しめる小さな焚き火台です。900mlサイズの深型クッカーの中にソロストーブ ライトをスタッキング出来るためソロキャンプにも使いやすいサイズです。ソロストーブ ライトをおすすめしたいメリットをレビューします

ウルフアンドグリズリー ファイヤーセーフ レビュー!直火風焚き火台の評価は?

ウルフアンドグリズリー ファイヤーセーフは直火気分を楽しめるソロキャンパーさんにおすすめの焚き火台です。実際にキャンプで使用してみて感じたメリット・デメリットなどウルフアンドグリズリー ファイヤーセーフの焚き火台としての評価をレビューします

二次燃焼の焚き火台と悩んだ結果、ネイチャーストーブラージを選んだ理由

うちは二次燃焼系のウッドストーブか煙突効果のみのウッドストーブ、どちらの焚き火台にするか悩んだ結果、煙突効果のみのネイチャーストーブラージを選びました。ネイチャーストーブラージを選んだ理由と、二次燃焼系焚き火台を選ばなかった理由を解説します