※当サイトではアフィリエイト広告を利用しています。
キャンプギアの選び方

焚き火に調理に!ソロキャンプで使いたいアウトドアナイフ基本の3種類と選び方

ソロキャンプで使いたいアウトドアナイフの選び方!

キャンプで使うアウトドアナイフは焚き火に使う薪割りやフェザースティック作りなどで使いたいのか、料理用として使いたいか、使う場面によって選ぶべきポイントが変わります。

むすめ。
むすめ。

一番最初に思いついたのはランボーが使ってたでっかいナイフ

おとん
おとん

ランボーナイフなんか持ち歩いたら銃刀法違反で捕まっちゃう

アウトドアナイフ1本で、薪割りも料理も済ませてしまうキャンパーさんもいますが、焚き火などフィールド系で使うナイフと、調理に使うナイフは分けて使った方が捗ります

他にもナイフだけでなくハサミやドライバー、栓抜きなど色々な工具が1本にまとまったマルチルーツナイフなど、一言でアウトドア用ナイフといっても色々な種類があります。

アウトドアナイフ基本の3種類
  • シースナイフ
  • フォールディングナイフ
  • ツールナイフ(アーミーナイフ)
使うシーンで選び方も変わる

今回はアウトドアナイフの基本情報をはじめ、ナイフの種類、使うシーンによってのナイフの選び方などをまとめて紹介します。

スポンサーリンク

アウトドアナイフとは

キャンプで使うアウトドアナイフの選び方
キャンプ用アウトドアナイフとは

キャンプで使うアウトドアナイフは、キャンプや登山、釣りなどアウトドアシーンで活躍する携帯性の高いコンパクトサイズのナイフです。

お家での調理で使う包丁は野菜を切る、肉を切るなど料理で使うことに適していますが、アウトドアナイフは料理はもちろん、焚き火用の薪を割ったり、ロープを切ったり、魚を締めたり捌いたりなど幅広い用途で使うことができます

むすめ。
むすめ。

1本あると何かと便利

アウトドアナイフ基本の3種類

キャンプ用アウトドアナイフ基本の3種類(シースナイフ・フォールディングナイフ・マルチツール)
キャンプ用アウトドアナイフの種類

キャンプ用アウトドアナイフの基本的な形として、シースナイフ・フォールディングナイフ・ツールナイフ(アーミーナイフ)の3つの形をしたナイフがあります。

ナイフの使い分け
  • シースナイフ:折りたたみができない刃とシース(鞘)が固定されたタイプ。ブッシュクラフトにも適した本格的なアウトドアナイフ
  • フォールディングナイフ:折りたたむことでコンパクトに収納可能。堅牢性が劣るため、調理向きのナイフ
  • マルチツール:ナイフやドライバー、栓抜きなどが一個にまとまった携帯性に優れた道具。もしもの時に役立つ便利グッズ

形によって使用目的は変わってきますが、同じ種類のナイフでも素材や、刃の長さなどで使い方も変わってきます。

シースナイフ

シースナイフとは
シースナイフとは

シースナイフとはシース(鞘)に収納して使う、鞘とナイフが一体化したナイフです。

折りたたみ式のフォールディングナイフより頑丈に使うことができ料理はもちろん、薪を割ったり、木材を削ったりブッシュクラフトにも使える万能さがあります。

シンプルな構造で包丁のように研ぎやすく扱いやすいため、初めてのナイフにもおすすめです。

むすめ。
むすめ。

キャンプでの使い勝手は一番

テンマクデザイン キャンプホリックナイフ

製品名ホリックナイフ ミニホリックナイフ フラット
刃素材VG10 ステンレスVG10 ステンレス
柄素材キャンバスマイカルタキャンバスマイカルタ
刃長約80mm約138mm
全長約170mm 約272mm 
刃厚3mm4mm
重量約69g(ナイフのみの重量) 約218g(ナイフのみの重量) 

薪割りも調理も1本で済ますことを目的に作られた、テンマクデザインと「BASECAMP」のコラボナイフです。

ミニは片刃となっており、調理に適した包丁として使え、フラットは「焚火の薪を割りそのまま同じナイフでトマトの薄切りが出来るナイフ」をコンセプトに作られたナイフです。

むすめ。
むすめ。

料理好きキャンパーさんに似合うナイフ

フォールディングナイフ

フォールディングナイフとは
フォールディングナイフとは

フォールディングナイフは折りたためるナイフのことで、刃の部分をハンドルに格納することで安全に持ち運ぶことができます。

折りたたみ式のため、薪割りなどタフな作業には向きませんが、食材のカットや木材を削る作業に使われています。

むすめ。
むすめ。

コンパクトで持ち運びしやすいナイフ

ガーバー ウルトラライトLSTポケットナイフ

刃素材ステンレススチール
柄素材グラスファイバーナイロン
刃長約50mm
全長約117mm 
重量約17g(ナイフのみの重量) 

アメリカのナイフメーカー「ガーバー」の無駄を省きシンプルで軽量な折りたたみナイフです。

もしもの時の予備ナイフとしても使えるとってもコンパクトサイズなミニフォールディングナイフとなっています。

グリップの素材に軽量で丈夫なグラスファイバーナイロンのおかげで小さくても握りやすい形状で滑りにくくなっています。

使用中、ナイフの刃を固定するロック機能が付いてるため安全に使うことができます。

むすめ。
むすめ。

超ちいさな手のひらサイズのナイフ

マルチツール

マルチツールとは
マルチツールとは
  • アーミーナイフ:ナイフがメイン
  • プライヤーツール:プライヤーがメイン

アウトドアで必要な工具が一つににまとまっており、手のひらサイズのコンパクトさがあるため、携帯性にも優れています。

マルチツールはメインで使うツールの違いからアーミーナイフプライヤーツールに分けられます。キャンプなどアウトドアの使用ではナイフをメインとするアーミーナイフと呼ばれるマルチツールが使いやすいです

むすめ。
むすめ。

何かと役立つ便利グッズだけど、そのツールたちが本当にキャンプに必要かは考えてから選ぼう!

レザーマン FREE K2

刃素材ステンレススチール
柄素材アルマイトハンドル
刃長約84mm
全長約115mm (収納時)
重量約139g 

アメリカのナイフメーカー「レザーマン」のアーミーナイフです。

ほぼフォールディングナイフと同じような形のシンプルなナイフですが、ハンドルのお尻側にキリや栓抜き、ドライバーなど8種類の機能を搭載しています。

むすめ。
むすめ。

カラー展開も豊富

おとん
おとん

なんと25年保証

1本で調理にも、工作にも幅広い用途で使うことができる便利ナイフとなっています。

アウトドアナイフの素材

キャンプ用アウトドアナイフの素材(スチールとカーボンの比較)
ステンレスナイフ・カーボンナイフの比較

アウトドアナイフは主にステンレススチール製カーボンスチール製の素材がよく使われています。

ステンレススチール

ステンレススチールナイフの特徴
ステンレススチールナイフの特徴
  • 手入れが簡単
  • サビにくい

ステンレススチール製のナイフはカーボン製のナイフに比べると切れ味は劣りますが、サビに強く手入れが楽なため、初めてのナイフにもおすすめです。

おとん
おとん

価格もカーボンに比べるとお手頃

むすめ。
むすめ。

ズボラさんにもおすすめ!

カーボンスチール

キャンプ用カーボンナイフの特徴
カーボンナイフの特徴
  • 硬く鋭い切れ味
  • 研ぎやすい

カーボンスチール製のナイフは素材そのものが頑丈で硬く切れ味が優れています

ただサビやすい欠点があるため、使ったあと放置しがちなズボラキャンパーさんには向いていません。

むすめ。
むすめ。

初心者さんはまずはステンレスから

おとん
おとん

黒錆加工などしてサビづらくするカスタムもある

刃の形状

ブレードの形状

出典:やおき工業株式会社 V.ROAD

ナイフの刃部分「ブレード」にはさまざまな種類があります。

形によって得意分野が変わってきますが、初めはオールマイティーに使える「ユーリティー」タイプが使いやすいです。

おとん
おとん

狩猟用のクリップポイント

むすめ。
むすめ。

サバイバルに役立ちそうなランボー

グラインドのかたち

キャンプ用ナイフのグラインドの種類(ホロウ・フラット・スカンジ・コンベックス)の比較
アウトドアナイフのグラインドの特徴

グラインドとはナイフの刃付け部分を断面図で見た場合のかたちです。

代表的なグラインドとしてホロウ・フラット・スカンジ・コンベックス(蛤刃)などがあります。

コンベックスとスカンジの比較
コンベックスとスカンジの比較

薪割りなど大きな力を加える作業ではスカンジやコンベックスが適しています。

おとん
おとん

コンベックスは楔のような感じで木を割いてくれるから一番破壊力が強い

OLFA WORKS アウトドアナイフサンガ

刃素材ステンレススチール
刃長約110mm
全長約232mm 
刃厚約3.2mm 
重量約127g(ナイフのみの重量) 

黄色のカッターナイフなどの文具用品メーカーとして有名なオルファが作った本格的なアウトドアナイフで、刃のブラインドは蛤型のコンベックスとなっているかたちとなっています。

ハンドル部分はオリーブドラブとサンドベージュの2色展開となっており、アウトドアに似合うカラーリングとなっています。

フルタング構造のため、薪割りはもちろん、ナイフの背を使ってファイヤースターターに着火させることもできます。

おとん
おとん

フルタングナイフの中では価格もお手頃!

定番人気の有名ブラント

初めてのナイフ選びの場合、安全に使うためにも有名ブランドのナイフを使うことをおすすめします。

定番人気のナイフなだけあって初心者の方でも使いやすい形状となっています。

モーラナイフ(MORAKNIV)

モーラナイフはスウェーデン中部にあるモーラ地方で創業したナイフブランドです。王室御用達のナイフとしても使われており、スウェーデンを代表する人気のナイフです。

用途に合わせて選ぶことができる豊富なラインナップを誇り、手頃な価格で購入することができるので初めてのナイフとして選ぶのもおすすめです。

モーラナイフのモデルの多くはグリップ素材に手元が滑りにくいラバー素材を採用しているため、安全に使うことができます。

モーラナイフ コンパニオン

製品名コンパニオンコンパニオンMGカーボン
刃素材ステンレススチールカーボンスチール
柄素材ラバーラバー
刃長約104mm約104mm
全長約219mm 約218mm 
刃厚約2.5mm 約2.0mm 
重量約84g(ナイフのみの重量) 約77g(ナイフのみの重量) 

コンパニオンシリーズはモーラナイフの中でも最も人気のあるナイフです。

刃の素材や刃厚の違いなどで、コンパニオンシリーズだけでもたくさんの種類があります。

どのナイフも手頃な価格で購入することができるので、初めてのナイフとして人気が高いです。

オピネル(OPINEL)

オピネルはフランスの老舗ナイフブランドです。フォールディングナイフを得意とし、調理に使うナイフ用に購入するキャンパーさんが多いです。

グリップに自然な美しさを持つ天然木を採用しているモデルが多く、機能性とデザイン製が優れたナイフとなっています。

オピネル TRADITION

サイズブレード全長使用用途
No.234mm80mmアクセサリー・緊急用など
No.342mm97mm緊急用・野菜の皮むきなど
No.451mm117mm小魚・山菜採り・きのこ狩りなど
No.561mm140mm小魚・山菜採り・きのこ狩りなど
No.673mm165mm肉・魚・野菜などのカット
No.780mm177mm肉・魚・野菜などのカット
No.8人気85mm192mm肉・魚・野菜などのカット
No.9人気90mm210mm肉・魚・野菜などのカット
No.10100mm230mm大きめの魚・肉・野菜などのカット
No.12120mm283mm大きめの魚・肉・野菜などのカット
No.13220mm505mmかなりデカいナイフ
オピネルの折りたたみ式ナイフ「TRADITION」のサイズ表

ステンレスとカーボン2種類の素材があり、オピネルを代表するナイフです。

No.2からNo.13まで11種類のサイズがあるので、自分の手のサイズに合わせてナイフを選ぶことができます。

おとん
おとん

#8#9あたりが使いやすい大きさ

グリップ素材には家具などにも使われているブナを使っているため、天然木ならではの温かみのある味わいを楽しむことができます。

ステンレスはサビに強い折りたたみ式ナイフとして料理にも使いやすいナイフとして、カーボンは切れ味の良い研ぎやすいナイフとしてどちらの素材も人気が高いです。

ビクトリノックス(VICTORINOX)

ビクトリノックスはスイスで創業されたマルチツールを得意とするブランドです。

用途に合わせたツールを細かく選ぶことができ、基本のナイフやハサミ、ドライバーなどの他、専門性が高いツールまで幅広いラインナップを取り揃えています。

むすめ。
むすめ。

キャンプ以外でも役立つ便利ツール

ビクトリノックス フォールディングマスター

ハンドル全長91mm
重量100g
ツール1:ラージブレード
2:スモールブレード
3:カン切り
4:マイナスドライバー 3mm
5:せん抜き
6:マイナスドライバー 6mm
7:ワイヤーストリッパー
8:リーマー(穴あけ)・千枚通し
9:プラスドライバー(フィリップス型1/2)
10:はさみ
11:のこぎり
12:マルチフック
13:つまようじ
14:ピンセット
15:キーリング

ナイフの他にもノコギリ、ハサミ、ドライバーなど日常生活からアウトドアまで対応可能な15個のツールが一個にまとまっています

もしもの時に役立つ便利アイテムとして1台あると何かと役立ちます。

バトニングに最適なフルタングナイフ

タングの構造

出典:やおき工業株式会社 V.ROAD

薪割り(バトニング)ができるほどの本格的なアウトドアナイフでは堅牢性が高く、ナイフを構成する鋼材がハンドル部分がハンドルから刃先まで一体のフルタングと呼ばれるナイフを使います。

フルタングナイフの特徴
フルタングナイフとは

バトニングをしたり、フェザースティックを作ったり、木を割ったりなどブッシュクラフト的な使い方に適しているのでキャンプでも人気の高い使い勝手の良いナイフです。

おとん
おとん

おすすめ度は一番高い

モーラナイフ ガーバーグマルチマウント

刃素材ステンレススチール
柄素材ポリアミド
刃長約109mm
全長約229mm 
刃厚約3.2mm 
重量約170g(ナイフのみの重量) 

どんな状況でも使えるようにデザインされたモーラナイフのフルタングモデルです。

刃厚は3.2mmと厚すぎず使い勝手の良い高品質なスレンレス性スチールブレードを採用し、ブレードの背中部分でファイヤースターターの使用も可能な万能に活躍することができる人気のナイフです。

ビクトリノックス アウトドアマスターL

刃素材ステンレススチール
柄素材マイカルタ
刃長約100mm
全長約220mm 
重量約220g(ナイフのみの重量) 

マルチツールが有名なビクトリノックスからもフルタングモデルのナイフが作られています。

フルタングによる刃の強靭さはもちろんのこと、ハンドル部分には耐熱、耐水、耐摩耗性に優れたマイカルタ製のハンドルを採用した本格的なアウトドアナイフとなっています。

ファイヤースターターが付属しており、ブレードの背を使っての火起こしも可能です。

ユニフレーム UFブッシュクラフトナイフ

刃素材ステンレス刃物鋼(8A材)
柄素材PP(ポリプロピレン)・エラストマー
刃長約110mm
全長約230mm 
刃厚約3.5mm 
重量約150g(ナイフのみの重量) 

焚き火テーブルなど高品質な日本製キャンプギアを製造するユニフレームから販売されている本格的なフルタングナイフです。

バトニングにも耐えられる頑丈さを誇り、刃部の背の部分は角が立っているためファイヤースターターももちろん使うことができます。

フルタングナイフの中ではお手頃な価格で購入することができるので、初めてのフルタングナイフとしてもおすすめです。

まとめ:ナイフは奥が深い

アウトドアナイフの基本と選び方まとめ
アウトドアナイフの基本と選び方まとめ

キャンプにアウトドアナイフを一個持っておくだけで、薪割り、フェザースティック、火起こし、調理など色々と役立ちます。

決して必須というわけではありませんが、もしもの時にナイフがあると役立ちます。

お気に入りのナイフは長く使え愛着が生まれ、自分が使いやすいように育てあげて、自分の色にナイフを育てあげてください。

むすめ。
むすめ。

ナイフ1本あるだけでキャンプのかっこよさ倍増

おとん
おとん

最高のナイフを見つける旅はまだまだ続く

銃刀法違反に注意

銃刀法(銃砲刀剣類所持等取締法)は、銃砲・刀剣類を正当な理由なく所持することを禁止する法律です。

銃刀法では、刃体の長さが6cmを超える刃物の携帯を禁止しているので、銃刀法違反となった場合、刑事罰(2年以下の懲役、又は30万円以下の罰金)となります。刃体の長さが6cm未満の場合でも「軽犯罪法違反」で規制の対象になります。

「正当な理由」があれば銃刀法違反にはならないので、キャンプや釣りアウトドアで使用した後は、ナイフは剥き出しにならないきちんと収納し、車に置きっぱなどにはしないように注意しましょう。

コメント