※当サイトではアフィリエイト広告を利用しています。
キャンプギアレビュー

なぜ人気?ピコグリル398をソロキャンプにおすすめしたい5つの魅力 レビュー

なぜ人気?ピコグリル398をソロキャンプにおすすめしたい5つの魅力 レビュー

ソロキャンプ向けの焚き火台は色々なブランドからたくさんの種類が販売されてますが、その中でも「ピコグリル398」をモチーフにした焚き火台が人気です。

むすめ。
むすめ。

通称「パチグリル」

偽物のピコグリルは本家よりもリーズナブルだし、パッと見であれば模倣品かどうかもわからないため売れるのも致し方ないのですが、やっぱり本家が売れないことには企業としても痛いし、最終的にはキャンプ業界全体に悪い影響を受けます。

おとん
おとん

そもそもpicogrill®は登録商標されてる!

パクられる程人気が高いのは、それだけ「ピコグリル」が使いやすい証でもあるのですが、なぜそこまで人気が高いのでしょうか!?

むすめ。
むすめ。

ヒロシが使ってるから?

おとん
おとん

ピコグリル398が人気な理由は料理も焚き火もしやすい焚き火台なのに軽くて持ち運びがしやすい!

この記事では、ピコグリル398の基本情報をはじめ、実際にキャンプで使ってみて感じた欠点や、なぜピコグリルが人気なのかその魅力などをまとめてレビューします。

スポンサーリンク

ピコグリルとは

ピコグリルとは
ピコグリルとは
製品名ピコグリル 85ピコグリル 239ピコグリル 398ピコグリル 498ピコグリル 760
組み立てサイズφ120×H140mmφ175×H185mm380×250×H250mm410×280×H215mm540×380×H270mm
収納サイズ250×160×4mm335×195×4mm335×235×10mm350×250×18mm450×300×25mm
総重量128g290g495g550g1340g
外観ピコグリル 85ピコグリル 239ピコグリル 398ピコグリル 498ピコグリル 760
ピコグリル サイズ比較
Q
ピコグリルとは?
A

ピコグリルは1983年にスイスで設立されたSTC社(Snow Trekker Company)が手がけた焚き火台で、サイズによって「ピコグリル 398」・「ピコグリル760」など後ろに番号が振られています。

picogrill(ピコグリル)は、スイスのSTC社が販売している超軽量の焚き火台です。

ザックにすっぽりと収めることが出来るほどコンパクトで軽量な焚き火台のため、特に荷物に制限のあるソロキャンパーに人気が高く、焚き火だけでなく料理もしやすい使い勝手が高い焚き火台です。

おとん
おとん

軽いのに耐久性も高い!

むすめ。
むすめ。

シンプルで使い勝手の良い焚き火台!

ピコグリル 正規販売店

ピコグリルからは全部で5種類の焚き火台が販売されており、その中でも「ピコグリル398」がソロキャンパーさんに人気が高いです!

おとん
おとん

薪をカットせずともそのまま使えるサイズ!

むすめ。
むすめ。

収納サイズがほぼA4!

まずはピコグリルから販売されてる焚き火台からまとめてレビューします。

ピコグリル 85

製品名ピコグリル 85
セット内容焚き火台・ワイヤーハンガー1本・収納ケース
組み立てサイズφ120×H140mm
収納サイズ250×160×4mm
重量総重量:128g(焚き火台:128g・収納ケース:34g・ワイヤーハンガー1本:12g)
材質ステンレス鋼・高強度
リリース2012年
ピコグリル 85 スペック

ピコグリル85は、ピコグリルの中で一番最小サイズのウッドストーブ(ホーボーストーブ)です。

その辺に落ちてる小枝や松ぼっくりなどで焚き火を楽しむことができ、主にガスの代わりに湯沸かしなどに使うためのコンロです。

むすめ。
むすめ。

とことん軽量化にこだわるキャンパーさんのための焚き火台!

おとん
おとん

ソロストーブと比較してもかなり軽い!

ピコグリル 85 ディティール

出典:picogrill

ピコグリル85は小さいサイズながらも1.5Lのクッカーまで乗せることが可能で、1Lの水を6〜8分ほどで沸かすことが出来るほど燃焼効率が高い焚き火台となってます。

むすめ。
むすめ。

アルストの五徳にも使える!

PICOGRILL(ピコグリル)

ピコグリル 239

製品名ピコグリル 239
セット内容焚き火台・ワイヤーハンガー1本・310mm串 1本・収納ケース
組み立てサイズφ175×H185mm
収納サイズ335×195×4mm
重量総重量:290g(焚き火台:180g・収納ケース:54g・ワイヤーハンガー1本:16g・串:40g)
材質ステンレス鋼・高強度
リリース2009年
ピコグリル 239 スペック

ピコグリル239は、ピコグリル85よりひと回りほど大きくなったウッドストーブで、同じように自然の燃料を使って焚き火を楽しんだり、調理やグリルに使用することが出来ます。

ピコグリル 239 アタッチメント(五徳)

出典:picogrill

ピコグリル239は最大3.0Lサイズのクッカーを載せることが可能で、1Lの水は4分ほどで沸騰します。

おとん
おとん

ピコグリル85よりも倍くらい速い!

オプションパーツのアタッチメント(五徳)を装着することで、直径25cmのクッカーも使用することが可能となりますし、スピット(串)を使えばグリル台としてBBQも楽しめます!

むすめ。
むすめ。

炭は100gくらい入る!

PICOGRILL(ピコグリル)

ピコグリル 398

製品名ピコグリル 398
セット内容焚き火台・310mm串 2本・収納ケース
組み立てサイズ380×250×H250mm
収納サイズ335×235×10mm
重量総重量:495g(焚き火台:365g・収納ケース:50g・串 1本:40g)
材質ステンレス鋼・高強度
リリース2011年
ピコグリル 398 スペック

ピコグリル398は、ピコグリルの中で一番人気が高い定番の焚き火台です。

おとん
おとん

ソロキャンプ芸人ヒロシが愛用してる焚き火台としても有名!

A4ほどの収納サイズなため、バックパックやサイクリング用キャリーバッグの隙間に収納して持ち運ぶことが出来ます。

むすめ。
むすめ。

100均のA4サイズのクリアケースに収納することも出来る!

ピコグリル 398 ディティール
画像出典:楽天市場
ピコグリル 398を使った焚き火
画像出典:楽天市場

市販の薪をカットせずともそのまま載せることが出来るサイズの焚き火台でありながら、ピコグリル398は本体のみだと365gと超軽量なため、ソロキャンプにこそおすすめの焚き火台です。

おとん
おとん

焚き火台選びに悩んだら第一候補におすすめの定番焚き火台!

付属のスピット(串)は、お肉やソーセージを刺して串焼きとして使うことも出来ますし、五徳代わりとしても使えるため、ピコグリル398を使って様々な焚き火調理も楽しめます!

むすめ。
むすめ。

五徳まで高さがあるから火力コントロールもしやすい!

PICOGRILL(ピコグリル)

ピコグリル 498

製品名ピコグリル 498
基本セット焚き火台・収納ケース
組み立てサイズ410×280×H215mm
収納サイズ350×250×18mm
重量焚き火台:490g・収納ケース:60g・串 1本:55g・グリル用網:150g・グリルトング:45g
材質ステンレス鋼・高強度
リリース2021年
ピコグリル 498 スペック
セット内容
  • バリエーション1:焚き火台・収納ケース・350mm串 2本
  • バリエーション2:焚き火台・収納ケース・350mm串 1本・グリル用網 1枚
  • バリエーション3:焚き火台・収納ケース・グリル用網 2枚・グリルトング

ピコグリル498は五徳を2段階の高さで使えることができ、ピコグリル398をひと回り大きくしたサイズの軽量焚き火台です。

ピコグリル498は、セット内容によって串や網・グリルトングを選ぶことが出来るため、どんな焚き火調理をするかによって選ぶセット内容を変更することも可能です!

ピコグリル 498 ディティール

出典:picogrill

網が使えるため4〜5人のBBQにも対応しますし、サイズが大きくなったことで薪の組み方もある程度自由に焚べることも出来るおかげで焚き火も更に楽しみ方のバリエーションが増えます。

ソロキャンプで使うには少しサイズが中途半端な感じもしますが、ピコグリル398だと物足りないキャンパーさんに使って欲しい新作のピコグリルです。

PICOGRILL(ピコグリル)

ピコグリル 760

製品名ピコグリル 760
セット内容焚き火台・450mm串 2本・変形五徳 1セット(2本)・収納ケース
組み立てサイズ540×380×H270mm
収納サイズ450×300×25mm
重量総重量:1340g(焚き火台:740g・収納ケース:230g・串 1本:95g・変形五徳:180g)
材質ステンレス鋼・高強度
リリース2014年
ピコグリル 760 スペック

ピコグリル760は、ピコグリル398を2倍に大きくしたシリーズ最大サイズの焚き火台です。

サイズが大きいため冬キャンプにかなり暖かな焚き火を楽しむことが出来ますし、薪の組み方も横方向だけでなく井桁型や並列型など色々と楽しめます!

おとん
おとん

大きくても本体は740gと軽いからソロキャンプでも持ち運びしやすい!

ピコグリル 760 ディティール

出典:picogrill

五徳は並列にセットしてスピットを置いて調理することも出来ますし、クロスにすれば耐荷重が上がるおかげで最大10Lのクッカーまで対応します。

中途半端にピコグリル498を使うなら、思いきってピコグリル760を使った方が焚き火も豪快に楽しめますし、使い勝手も上がるためおすすめしたいサイズです!

むすめ。
むすめ。

焚き火好きキャンパーさん向け!

PICOGRILL(ピコグリル)

ピコグリル398 寸法:サイズ詳細

ピコグリル398 寸法
ピコグリル398 サイズ詳細
製品名ピコグリル 398
セット内容焚き火台・310mm串 2本・収納ケース
組み立てサイズ380×250×H250mm
収納サイズ335×235×10mm
重量総重量:495g(焚き火台:365g・収納ケース:50g・串 1本:40g)
ピコグリル 398 サイズ詳細
Q
ピコグリルのおすすめサイズは?
A

ピコグリルのサイズ選びに悩んだら、ソロキャンプで使うならまずは定番の「ピコグリル398」が小さすぎず大きすぎないため使い勝手が良いサイズです!

うちは定番サイズの「ピコグリル398」を選びました。

おとん
おとん

サイズ選びに悩んだらまずは定番から選べば失敗は少ない!

まずは、ピコグリル398の寸法(サイズ)を詳しくレビューします。

ピコグリル398:セット内容

ピコグリル398:セット内容
ピコグリル398:セット内容
セット内容
  • 焚き火台:火床・フレーム
  • スピット(310mm串)×2本
  • 収納ケース
  • 取扱説明書

ピコグリル398のセット内容は、折りたたみ出来るフレーム火床スピット×2本収納ケースです。

超シンプルな焚き火台なので、組み立てもフレームを広げて火床をセットするだけと超簡単に出来ちゃいます!

むすめ。
むすめ。

数秒で組み立ては完成!

おとん
おとん

スピットは失くしやすいから注意!

ピコグリル398 組み立てサイズ:380×250×H250mm

ピコグリル398 横幅サイズ 380mm
ピコグリル398 横幅サイズ 380mm
ピコグリル398 奥行き 250mm
ピコグリル398 奥行き 250mm

ピコグリル398の組み立てサイズを計測してみたところ、幅380×奥行き250×高さ250mmと、記載されてるサイズと一緒でした。

フレームの五徳間のサイズは220×220mmでした。

ピコグリル398 高さ 250mm
ピコグリル398 高さ 250mm
ピコグリル398 火床から地面までの距離:最短90mm
ピコグリル398 火床から地面までの距離:最短90mm

火床から地面までの距離は真ん中部分の一番近いところが90mm、端の一番長いところが160mmと距離はありますが、焚き火シートはあった方が安心です。

ピコグリル398 火床から五徳までの距離:最長165mm
ピコグリル398 火床から五徳までの距離:最長165mm
ピコグリル398 火床から五徳までの距離:最短130mm
ピコグリル398 火床から五徳までの距離:最短130mm

火床から五徳までの距離は最長165mm最短で130mmでした。

入れる薪の量によって火力を調整しやすく、五徳まで距離があるためピコグリル398は料理がしやすい焚き火台です。

ピコグリル398 組み立てサイズ 詳細
  • 横幅:380mm
  • 奥行き:220mm
  • 高さ:250mm
  • フレーム(五徳間):220×220mm
  • 火床から地面までの距離:最短90mm・最長160mm
  • 火床から五徳までの距離:最短130mm・最長165mm

ピコグリル398 収納サイズ:335×235×10mm

ピコグリル398は簡単に組み立て出来ますし、収納も折りたたんで収納ケースに入れるだけのため簡単に片付けることが出来ます。

ピコグリル398 収納
  • STEP1
    火床に溜まった灰を捨てる
    ピコグリル398は薪を最後まで燃やしきることが出来る
    ピコグリル398は薪を最後まで燃やしきることが出来る

    ピコグリル398は燃焼効率が高い焚き火台のため、薪を最後まで燃やしきることが出来ます。

    溜まった灰はキャンプ場のルールに従い、灰捨て場に捨てたり火消し壺などに捨てて処分します。

  • STEP2
    収納前に軽くピコグリルを掃除する
    ピコグリル398を収納前に軽く掃除
    ピコグリル398を収納前に軽く掃除

    毎回キャンプ後に洗うのもめんどくさいため、ウェットティッシュなどで軽くピコグリル398を収納前に掃除しておきます。

    火傷に注意

    使用後の焚き火台は超熱くなっているため、必ず冷めてから収納や掃除をするようにしましょう!

  • STEP3
    ピコグリル398を折りたたむ
    ピコグリル398を分解
    ピコグリル398を分解

    ピコグリル398の火床を外し折りたたみ、フレームも折りたたみます。

  • STEP4
    収納ケースにピコグリル398を収納
    ピコグリル398を収納ケースに収納
    ピコグリル398を収納ケースに収納

    最後に収納ケースの中にピコグリル398を収納します。

  • 収納サイズ
    ピコグリル398 収納サイズ:335×235×10mm
    ピコグリル398 収納サイズ:335×235×10mm
    ピコグリル398 収納サイズ:335×235×10mm

    ピコグリル398の収納サイズは335×235×10mmと、ほぼA4サイズと変わらずコンパクトに持ち運べます。

    むすめ。
    むすめ。

    純正の収納ケースがダメになったら100均のA4ビニールケースで代用可能!

ピコグリル398 総重量:495g

ピコグリル398 重量:焚き火台のみ365g(実測369g)
ピコグリル398 重量:焚き火台のみ365g(実測369g)
ピコグリル398 総重量:495g(実測500g)
ピコグリル398 総重量:495g(実測500g)
ピコグリル398 重量
  • 総重量:495g
  • 焚き火台:365g
  • 収納ケース:50g
  • 串 1本:40g×2本

ピコグリル398の重量を計測してみたところ、焚き火台の重量は369g・総重量500gと、ほぼ記載されてる重量と一緒でした。

薪をそのまま載せることが出来るサイズの焚き火台の中ではピコグリル398はかなり軽い焚き火台のため、特に荷物に制限のあるソロキャンプに人気の焚き火台です!

おとん
おとん

軽いから持ち運びしやすい!

PICOGRILL(ピコグリル)

レビュー:ピコグリル398 注意点とデメリット

ピコグリル398 注意点とデメリット レビュー
ピコグリル398 注意点とデメリット レビュー
ピコグリル398の注意点とデメリット
  • 偽物が多い
  • 五徳の高さが一段のみ
  • 火床が歪みやすく割れやすい
  • 芝生サイトは焚き火シート必須
  • 薪の組み方が横方向のみ
偽物と比較すると高価

ピコグリル398を、実際にキャンプで使ってみて感じた注意点とデメリットをレビューします。

デメリット①:偽物が多すぎる

TokyoCamp 焚き火台 コンパクト 折りたたみ式 フラットに収納 ポータブル ソロキャンプ ストーブ 薪グリル ...

ピコグリル398は人気の焚き火台なだけあって似たような形の焚き火台、通称「パチグリル」と呼ばれる偽物が多く販売されてます

本家よりも使い勝手が向上されてる偽物であればまだ許せるのですが、粗悪品も多く使いにくいだの壊れやすいとレビューされるのは、結果的にピコグリルのイメージを悪化させてしまいます。

おとん
おとん

ピコグリルと検索して偽物がトップに出てくるのもおかしいし。

むすめ。
むすめ。

本家を使ったことがないのに妄想で比較レビューする人も多いし。

本家ピコグリルが1万超えで偽物が2〜3千円で買えるため、パチグリルが売れてしまうのは仕方ないのですが、あまりにも数が多すぎるので注意が必要です!

デメリット②:五徳の高さが一段のみ

ピコグリル398は五徳の高さが一段
ピコグリル398は五徳の高さが一段
火力アップで使いたい時は薪の上に直接クッカーを置く
火力アップで使いたい時は薪の上に直接クッカーを置く

ピコグリル398は五徳の高さが一段のみのため、焚き火料理を楽しむ時は薪の量で火力を調整します。

熾火になるのを待たなくても五徳までの高さがあるおかげで火力のコントロールをしやすいのですが、火力を上げたい時は直接薪の上にクッカーを置くような感じになります。

むすめ。
むすめ。

薪の上に置く場合は安定感は少し劣る!

パチグリル系の焚き火台の中には、ピコグリルの欠点を解決する五徳を2段・3段と変更出来る焚き火台も販売されてます。

料理をメインと考えてるキャンパーさんであれば、五徳の高さを変えることが出来るタイプの焚き火台の方がピコグリル398よりも料理はしやすかったです。

デメリット③:火床が歪みやすく割れやすい!

ピコグリル398を使えば火床は熱で曲がる
ピコグリル398を使えば火床は熱で曲がる
ピコグリル398の火床は空気孔が割れてくる
ピコグリル398の火床は空気孔が割れてくる

ピコグリル398に限らず、軽量焚き火台の火床は軽さを求めるためにペラペラと薄くなってるせいで、新品時は真っ直ぐでも焚き火をすれば一発で歪みます

おとん
おとん

歪まない軽量焚き火台は存在しない!

軽量焚き火台は歪むものと理解して使うべき焚き火台だし、何十回も使っていくうちに火床の空気孔が劣化して割れてきます

むすめ。
むすめ。

火床のみを買えないのが欠点。

公式サイトに火床のみの販売が記載されてないのですが、ピコグリルと互換性のある火床はネットとかで購入することは可能です。

デメリット④:芝生サイトは焚き火シート必須

ピコグリル398を芝生サイトで使う時は焚き火シートは必須
ピコグリル398を芝生サイトで使う時は焚き火シートは必須
焚き火シートを使えば芝生は焦げない
焚き火シートを使えば芝生は焦げない

ピコグリル398は地面へのダメージを軽減するために火床まで9cmほど高さはあるのですが、芝生サイトは焚き火シート(スパッタシート)を使用せずに使うと焦げてしまいます

おとん
おとん

どの焚き火台を使っても芝生サイトは焚き火シート必須!

芝生サイトでなくても焚き火シートが必須のキャンプ場も多いので、キャンプ場のルールを守って焚き火を楽しむようにしましょう

むすめ。
むすめ。

キャンプ場によっては100均のペラペラな焚き火シートは禁止されてる!

デメリット⑤:薪の組み方のバリエーションが少ない。

ピコグリル398は横向きにしか薪を投入出来ない
ピコグリル398は横向きにしか薪を投入出来ない

ピコグリル398の火床は長方形の形となっているため、薪をそのまま置けるサイズではありますが横方向に並べて置くだけど、薪の組み方が限定されます。

おとん
おとん

よく燃えるけど、毎回同じような焚き火。

ウルフアンドグリズリー ファイヤーセーフは正方形なため色々な薪の組み方で焚き火が出来る
ウルフアンドグリズリー ファイヤーセーフは正方形なため色々な薪の組み方で焚き火が出来る

焚き火は薪の組み方で炎の形変わったり、火力を調整しやすくなります。

むすめ。
むすめ。

直火気分を楽しめる焚き火台の方が、焚き火は楽しい!

焚き火も調理も楽しみたい焚き火台としてはピコグリル398は優秀な焚き火台ですが、純粋に焚き火を楽しみたい場合は、直火気分を楽しめる五徳がない焚き火台の方が楽しめます!

おとん
おとん

気分によって使い分けるのが一番ベスト!

ウルフアンドグリズリー(Wolf & Grizzly)

なぜ人気?ソロキャンプにピコグリル398をおすすめしたい5つの魅力

なぜ人気?ソロキャンプにピコグリル398をおすすめしたい5つの魅力 レビュー
なぜ人気?ソロキャンプにピコグリル398をおすすめしたい5つの魅力 レビュー
ピコグリル398をおすすめしたい5つの魅力
  • 軽量・コンパクト
  • 組み立て・片付けが簡単
  • 薪をカットせずに使える焚き火台
  • 料理しやすい焚き火台
  • スピットも優秀
焚き火も料理も楽しめる

ピコグリル398は焚き火も料理も楽しめる軽量焚き火台として、ソロキャンプにおすすめしたい焚き火台です。

なぜピコグリルがここまで人気なのか、実際に使ってみて感じた5つの魅力をレビューします。

魅力①:軽くて薄いから持ち運びがしやすい!

ピコグリル398は335×235×10mmと薄くて軽いし100均で買えるA4ビニールケースとサイズが一緒
ピコグリル398は335×235×10mmと薄くて軽いし100均で買えるA4ビニールケースとサイズが一緒
  • ピコグリル398 総重量:495g
  • ピコグリル398 収納ケースサイズ:335×235×10mm
  • A4サイズ:297×210mm

ピコグリル398は焚き火台のみだと365gしかありませんし、収納ケースやスピット込みでも495g焚き火台の中でもかなり軽いです。

おとん
おとん

持ち運びを考えると軽さは大事!

ピコグリル398は100均で買えるA4ビニールケースに収納することも可能
ピコグリル398は100均で買えるA4ビニールケースに収納することも可能

収納サイズもほぼA4サイズと変わらないため、100均などで買えるA4ビニールケースを収納ケース代わりに使うことも出来ます。

むすめ。
むすめ。

汚れた焚き火台を入れたい時などにもビニールケースは役立つ!

ピコグリルが重かったらここまで人気にもならなかったし、軽くて持ち運びもしやすいサイズのためピコグリル398は人気が高いです!

魅力②:組み立てや片付けが超簡単!

ピコグリル398はフレームを広げて火床をセットするだけと、10秒も掛からずに組み立てることが出来ますし、片付けも折りたたむだけと超簡単です!

おとん
おとん

使いたい時にすぐに使える!

ピコグリル398 組み立て方
  • STEP1
    フレームと火床を開く
    ピコグリル398のフレームを広げる
    ピコグリル398のフレームを広げる

    ピコグリル398のフレームはクイッと開くだけで簡単に広がります。

    長方形の形に開いて突起がある部分を上側にしてセットします。

    ピコグリル398の火床をかまして広げる
    ピコグリル398の火床をかまして広げる

    ピコグリル398の火床は2枚を噛み合わせて開くだけです。

    一度噛み合わせてしまえば、収納時は外さずに折りたためば次回から開くだけで使えますし、パチグリルと違いしっかりと噛み合ってくれるため突然外れる心配もありません

  • STEP2
    フレームと火床をセット
    フレームに火床をセットすればピコグリル398の組み立ては完成
    フレームに火床をセットすればピコグリル398の組み立ては完成

    火床に付いてる4箇所の窪みをフレームに合わせて差し込みセットすれば、ピコグリル398の組み立ては完成です。

    むすめ。
    むすめ。

    特に悩まずすぐ組み立てれる!

魅力③:薪をカットせずともそのままOKなサイズ!

ピコグリル398は薪をカットせずともそのまま載せれる
ピコグリル398は薪をカットせずともそのまま載せれる

市販の薪のサイズは30〜40cmほどです。

ピコグリル398の横幅は38cmあるため、ノコギリを使って薪をカットせずともそのまま使えます。

おとん
おとん

楽に焚き火を始めれる!

下手に焚き火台が小さいとノコギリでカットするのもしんどいですし、ピコグリル398はソロキャンプにちょうど使いやすいサイズの焚き火台として人気が高いです!

むすめ。
むすめ。

大きすぎず小さすぎない絶妙なサイズ!

魅力④:五徳の高さがあるから料理がしやすい焚き火台!

ベルモント 焚き火台 TABIとピコグリル398を比較
ベルモント 焚き火台 TABIとピコグリル398を比較
製品名ベルモント 焚き火台 TABIピコグリル 398
組み立てサイズ360×237×170mm380×250×H250mm
収納サイズ360×178×15mm335×235×10mm
重量総重量:423g(本体:298g・側板:約29g・網:約96g総重量:495g(焚き火台:365g・収納ケース:50g・串 1本:40g)
材質チタニウム・18-8ステンレスステンレス鋼・高強度
外観ベルモント 焚き火台 TABIピコグリル 398
ピコグリル 398 ベルモント 焚き火台 TABI 比較

ピコグリル398とよく比較される軽量焚き火台にが「ベルモント TABI」です。

ベルモント TABIも薪をカットせずとも焚き火が出来るサイズでピコグリル398よりも軽いのですが、五徳の高さが低いため火力のコントロールが難しく、調理がやりにくいです。

むすめ。
むすめ。

油断するとすぐ焦げる。

おとん
おとん

どちらかと言うと炭を使った方が調理がしやすい焚き火台。

ピコグリル398は五徳までの高さがあるから調理しやすい焚き火台
ピコグリル398は五徳までの高さがあるから調理しやすい焚き火台
ピコグリル398とNo.164 独焼鉄板を使った焼肉
ピコグリル398とNo.164 独焼鉄板を使った焼肉

ピコグリル398は火床から五徳までの高さが最短130mm最長165mmあるため、火力のコントロールもしやすく料理もしやすい焚き火台です。

熾火にした方が火力コントロールはしやすいのですが、熾火にせずとも薪の量を調整して調理が出来ますし、高さがあるおかげで焦げつくことなく鉄板料理も煮込み料理なども楽しめます!

むすめ。
むすめ。

焚き火は火力コントロールが難しいから、五徳の高さが大事!

おとん
おとん

焚き火も料理もしやすいから人気!

魅力⑤:スピットも優秀!

ピコグリル398のスピットは串焼きにも使える
ピコグリル398のスピットは串焼きにも使える
ピコグリル398のスピットを使ってソーセージを焼く
ピコグリル398のスピットを使ってソーセージを焼く

ピコグリル398にはスピット(310mmの串)が2本付属してます。

スピットを使うことで、ソーセージやお肉を差し込んでピコグリルで串焼きを楽しめます。

むすめ。
むすめ。

ひっくり返すのも簡単だし、網よりも掃除が楽!

ピコグリル398のスピットに焼き鳥を置いて調理も可能
ピコグリル398のスピットに焼き鳥を置いて調理も可能
ピコグリル398のスピットは五徳代わりにも使える
ピコグリル398のスピットは五徳代わりにも使える

スピットは串焼きとして使うだけでなく五徳代わりにクッカーを置いたりも出来ますし、ピコグリル398を使った焼き鳥もスピットの上に並べるだけで簡単に楽しめます!

おとん
おとん

スピットの使い勝手が優れてるから人気!

一本40gと軽量で串焼きにしたり五徳として使ったりなど汎用性も高いので、スピットはピコグリルだけでなくセリアでも購入することも出来ます。

むすめ。
むすめ。

シンプルなのに優秀!

スポンサーリンク

まとめ:ピコグリル398はソロキャンプにおすすめ

ピコグリル398 レビュー まとめ
ピコグリル398 レビュー まとめ

今回はピコグリル398のレビューをまとめて紹介しました。

ピコグリルは人気な焚き火台のため偽物も多いのですが、本家ほど軽量なパチグリルはありませんし、火床のフィット感や耐久性も優れてます。

焚き火台のため一回火入れをしてしまえば汚れるし、新品時の輝きには2度と戻ることはありませんが、やっぱり本物を使った方が所有欲が満たされ、満足感も高いです!

おとん
おとん

キャンプは所詮趣味だし、自分が好きなのを使う!

ピコグリル398が人気な理由
  • 総重量495gと超軽い焚き火台
  • ほぼA4サイズと持ち運びがしやすい
  • 組み立てや片付けが簡単
  • 市販の薪をカットせずとも焚き火が楽しめる
  • 焚き火も調理もしやすい焚き火台
  • スピットが使いやすい
  • 軽いのに耐久性が高い
人気なのには理由がある

薪をカットせずとも置けるサイズの焚き火台でありながら495gと軽く、100均のA4サイズのビニールケースにも収納出来るほどコンパクトなだけでもピコグリルが人気になるのも頷けます。

更にピコグリル398は料理もしやすい焚き火台のため、初めての焚き火台としてもおすすめです!

おとん
おとん

焚き火台選びに悩んだらピコグリル398!

ピコグリルは初心者はもちろん、ベテランキャンパーさんにまで愛されてる定番焚き火台だし、アホみたいに偽物がゴロゴロ登場するほど焚き火台としては完成された形のため、ソロキャンプに間違いなくおすすめ出来る焚き火台です!

むすめ。
むすめ。

迷ったら定番が間違いなし!

コメント