※当サイトではアフィリエイト広告を利用しています。
キャンプギアレビュー

比較レビュー!MonoMax2022年9月号付録 カリマー折りたたみ万能テーブル 

MonoMax2022年9月号付録カリマー万能テーブルレビュー

宝島社から発刊されているトレンド雑誌「MonoMax(モノマックス)」とイギリスの人気アウトドアブランド「カリマー」のコラボは今回が初めてです!

記念すべき第一弾の付録は「カリマー折りたたみ万能テーブル」!

シンプルなライトグレーのミニテーブルです。

キャンプはもちろん、お仕事用のパソコンスタンドとしてテレワークなどでも活躍する万能テーブルとなっています。

MonoMax2022年9月号の付録「カリマー折りたたみ万能テーブル」がキャンプでも使えそうなテーブルなのか、特徴や使用感、フィールドホッパーと比較してみながら正直にレビューします。

スポンサーリンク

Mono Max 2022年9月号

MonoMax2022年9月号
MonoMax2022年9月号
特集
  • ホームセンター大賞2022
  • 楽しいおうちパンLIFE
  • カリマー特集
  • 付録:カリマー万能折りたたみテーブル

【MonoMax 2022年9月号】

  • 発売日:2022年8月8日
  • 出版社:宝島社

大特集はホームセンターの人気・便利アイテム。各ホームセンターの売れ筋商品、人気アイテム、便利アイテムなどが特集されています。

MonoMax2022年9月号付録 カリマー折りたたみ万能テーブル

MonoMax2022年9月号付録カリマー折りたたみ万能テーブル
MonoMax2022年9月号付録カリマー折りたたみ万能テーブル
カリマー折りたたみ万能テーブル
使用時サイズ34×25×H13.5cm
収納サイズ17.5×25×H4.5cm(実測)
重量330g
耐荷重3kg
MonoMax2022年9月号付録カリマー折りたたみ万能テーブル
MonoMax2022年9月号付録カリマー折りたたみ万能テーブル

雑誌よりも付録の箱の方が大きく、ジャンプくらいの厚みがありました。

MonoMax2022年9月号付録カリマー折りたたみ万能テーブルの注意点
カリマー折りたたみ万能テーブルの注意点

袋裏面に、使用方法と注意事項が記載されています。

注意点
  • 簡易テーブルだからグラつくこともあるし、傾くこともある
  • 平らな場所で使おう
  • 耐荷重3kgだから重いものは乗っけないで
  • ポリプロピレンでできてるから熱には弱い
  • テーブルに問題があったらカリマーではなくMonoMax事務局へ連絡すること

カリマー折りたたみ万能テーブル【開封レビュー

カリマー折りたたみ万能テーブル開封レビュー
カリマー折りたたみ万能テーブル開封レビュー

箱を開けると、折りたたまれた状態でテーブルが入っています。

テーブル左下にカリマーのロゴ入り
テーブル左下にカリマーのロゴ入り

テーブルの左下にカリマーロゴ入り。ライドグレーの天板に白地のロゴなためそこまで目立つわけではありません。

カリマー折りたたみ万能テーブルの組み立て
カリマー折りたたみ万能テーブルの組み立て

パカっと開いて脚を広げるだけで特に力を入れることなく簡単に完成

むすめ。
むすめ。

ロックはついてないから安定感はあんまりない

カリマー折りたたみ万能テーブルの特徴
カリマー折りたたみ万能テーブルの特徴

スマホやタブレットを立てることができるタブレットスタンドと、ドリンクホルダーが備わったテーブルです。

むすめ。
むすめ。

とってもシンプルなテーブル

3COINSドリンクホルダー&タブレットスタンド

出典:3COINS
製品名3COINSドリンクホルダー&タブレットスタンド
使用時サイズ47.5×29.5×H22cm
収納サイズ47.5×29.5×H4.5cm

3COINSから販売されている「ドリンクホルダー&タブレットスタンド」を、簡易的なプラスチックテーブルに変えた感じなので、カリマー折りたたみテーブルの方が持った感じ圧倒的に軽いです。

おとん
おとん

スリコのテーブルの方がしっかり作られてる

むすめ。
むすめ。

似たようなミニテーブルは結構色々なところで売ってる

カリマー万能テーブルの使用感

カリマー折りたたみ万能テーブルの使用感
カリマー折りたたみ万能テーブルの使用感

カリマー万能テーブルをアウトドアで使ってみた感想を紹介します。

完全ソロサイズ

カリマー折りたたみ万能テーブルはソロキャンプ用のサイズ感
ソロキャンプで使えるサイズ感

シェラカップ2個とドリンク1個を置けるくらいのサイズなので、ソロキャンプで使えるくらいのミニテーブルです。

おとん
おとん

ロック機能が付いてないから結構グラつく

ロック機能がないため、テーブルの安定感は弱い
テーブルの安定感は弱め

足のロック機能がないため、予想以上にグラグラして脚がパタンと倒れやすいです。

むすめ。
むすめ。

地面が土だからまだマシだけど、コンクリの上だとパタンってなる

カリマー折りたたみ万能テーブルは13インチまでのサイズののーとパソコンを置ける
13インチサイズのノートパソコンが置ける大きさ

13インチのノートパソコンまで置けるサイズとなっているため、テーブル上に置くノートパソコンスタンドとして使うこともできます。

むすめ。
むすめ。

パソコンスタンドとして、肩こり防止にも使える

おとん
おとん

PCスタンドとして使うなら脚の下に滑り止めを貼った方がいいかも

タブレットスタンドにタブレットを置けない

スマホスタンドとして使える
スマホスタンドとして使える

タブレットスタンドにスマホを挿して、動画などを観ながらの食事をすることもできます。

タブレットスタンドとして使おうとしたら・・
タブレットスタンドとして使おうとしたら・・

テーブルサイズが高さ13.5cnと低いため、スマホだと地面直置きだとだいぶ首を下に傾けないといけないので首を痛めそうです。

代わりにタブレットを挿してみましたが・・・

タブレットの重さには耐えられない
タブレットの重さには耐えられない

テーブルが軽すぎるのか、タブレットが重いからなのか、テーブルがひっくり返ってタブレットが落ちてしまいます

11インチのタブレットまで立てられると記載されてましたが、重しがないと厳しい感じです。

おとん
おとん

飲み物など、重しがないとテーブルがひっくり返る

むすめ。
むすめ。

ipadminiみたいな軽いタブレットでないといけない気がする

ドリンクホルダーの穴は缶ジュース用

テーブル付属のドリンクホルダーの直径が約7.3cm深さは約1.5cmのため、ドリンクの転倒を防げるほどの高さではないです。

キャンプで使ってるマグカップ(SOTOサーモスタック:直径8.5cm)はサイズが大きく、ドリンクホルダーにはめることはできませんでした。

スタンレータンブラーはうまいことハマりましたが、ペットボトル用の保冷ホルダーはハマらなかったため、缶ジュースなどに使えるサイズとなっています。

SOTOフィールドホッパーとカリマー折りたたみテーブルの比較

カリマー折りたたみ万能テーブルとSOTOフィールドホッパーの比較
カリマー折りたたみテーブルとSOTOフィールドホッパーの比較
製品名カリマー折りたたみ万能テーブルSOTOフィールドホッパー
使用時サイズ340×250×H135mm297×210×H78mm
収納サイズ175×250×H45mm297×110×H19mm
重量330g395g
耐荷重3kg3kg

カリマー折りたたみ万能テーブルの使い勝手や使用感がどんな感じか、キャンパーに人気の高いSOTOフィールドホッパーと比較して検証してみます。

天板サイズ

使用時サイズの比較
使用時サイズ比較
製品名カリマー折りたたみ万能テーブルSOTOフィールドホッパー
使用時サイズ340×250×H135mm297×210×H78mm

フィールドホッパーと比べると、カリマー折りたたみテーブルの方が一回り大きなサイズでした。

フィールドホッパーはほぼA4サイズ(297×210)ですが、カリマー折りたたみ万能テーブルはB4(364×257)に近い感じのサイズとなっています。

おとん
おとん

一回りって感じでそこまで差は感じない

むすめ。
むすめ。

高さの差は5cm違うから結構差を感じる

収納サイズ

収納サイズ比較
収納サイズ比較
製品名カリマー折りたたみ万能テーブルSOTOフィールドホッパー
収納サイズ175×250×H45mm297×110×H19mm

どちらのテーブルもコンパクトに収納することができます。

カリマー折りたたみ万能テーブルは脚を折って半分にたたむだけ、フィールドホッパーはたたんで、脚をなおすだけなのでどちらも簡単です。

収納サイズ(厚み)比較
収納サイズ(厚み)比較

たたんだ時の厚さに差があって、カリマー折りたたみテーブルの方がフィールドホッパーと比較するとかなりぶ厚く感じます。

むすめ。
むすめ。

軽い辞書って感じ

重量

重量比較
重量比較

カリマー折りたたみ万能テーブルはプラスチック(ポリプロピレン)製のため、フィールドホッパーよりは軽く作られています。

プラスチックのため、熱には弱く熱々なものを置くことはできませんが、荷物の軽量化を考えている方にもオススメのテーブルです。

むすめ。
むすめ。

フィールドホッパーの軽さもなかなかえらい

おとん
おとん

お互い軽量テーブル

まとめ:タブレットを置くときは重しが必要

MonoMax2022年9月号付録カリマー万能テーブルレビュー
MonoMax2022年9月号付録カリマー万能テーブルレビューまとめ

ミニテーブル好きとしては、ちょっとだけ今回の付録を楽しみにしてました。

プラスチック製のため、アウトドアでガッツリ使えば紫外線にやられそうな感じはしますが、あくまでも付録なのでそこまで気にはならないかなと感じ、使い勝手は大方予想通りです。

軽量コンパクトなサイズとなっているので持ち運びには最適です。

地面に置いて使うよりかは、テーブルの上に置いて高さを調整するスタンドとして使った方がいいかなと感じました。

おとん
おとん

ロック機能が付いていれば完璧

むすめ。
むすめ。

グラグラ対策をあとはどうするかが問題

次号予告

MonoMax2022年10月号予告
MonoMax2022年10月号予告

MonoMax2022年10月号はアーバンリサーチ「超特大ボストンバッグ」です。

シューズ収納スペース付きで、キャリーバッグにもセットすることができるベルトありの大型バッグとなっています。

むすめ。
むすめ。

旅行用のボストンバッグとして使えるかな

特集:間違いのない逸品を大決定!「買って得したモノ大賞」

コメント

  1. しんじ より:

    足のグラグラ対策として交換した車のワイパーゴムのステンレス製のバネを適当な長さに切って突っ張り棒を2本付けとけばそこそこ使えます。

    • そとあしびそとあしび より:

      しんじさん、コメントいただきありがとうございます。
      そろそろワイパーも交換時期なので試してみます。
      突っ張り棒の重さでiPadがひっくりかえるのも同時に対策できたら嬉しいな。
      良いアイデアをいただき本当にありがとうございます。