※当サイトではアフィリエイト広告を利用しています。
キャンプギアレビュー

ダイソーで買える無骨なウェットティッシュポーチをキャンプ用にカスタムしてみた

ダイソーで買える無骨なウェットティッシュポーチをキャンプ用にカスタムしてみた

ダイソーパトロールをしてた所、キャンプの雰囲気に合いそうなミリタリー感漂う無骨なウェットティッシュポーチ(ダブルポーチ)を見つけました。

むすめ。
むすめ。

中に仕切りが付いてるからウェットティッシュ以外も入れることが出来る!

おとん
おとん

フラップがボタン式でミリタリーチックなウェットティッシュポーチ!

実際にキャンプで使ってみたところ、ダイソーの無骨なウェットティッシュポーチは仕切りのせいで少しサイズが小さく、吊り下げるためのフックや穴もなかったためキャンプには使いにくかったです。

むすめ。
むすめ。

マチがあるから、立てて置くことは出来る!

おとん
おとん

ウェットティッシュポーチは吊り下げて収納したい!

ダイソーの無骨なウェットティッシュポーチをキャンプで使いやすいようにするために、ファスナーを取り替えたりハトメを取り付けて吊り下げることが出来るようにカスタムしてみました。

むすめ。
むすめ。

使いにくいならちょっと改造してみる!

この記事では、ダイソーの無骨なウェットティッシュポーチ(ダブルポーチ)小物も入る中仕切り付の基本情報や使い勝手をはじめ、吊り下げるためのカスタムをレビューします。

スポンサーリンク

ダイソー ウェットティッシュポーチ(ダブルポーチ)

ダイソー ウェットティッシュポーチ(ダブルポーチ) 小物も入る中仕切り付
ダイソー ウェットティッシュポーチ(ダブルポーチ) 小物も入る中仕切り付
製品名ダイソー ウェットティッシュポーチ(ダブルポーチ)
サイズ20×12cm(実測:22×12×マチ4cm)
重量38.1g(実測)
カラーオリーブ・ブラック
価格(税込)220円

ダイソー ウェットティッシュポーチ(ダブルポーチ) 小物も入る中仕切り付きは、うちの近所の大型のダイソーではウェットティッシュコーナーで無く、バッグとかポーチが置いてあるコーナーに売ってました。

100均ですが200円(税込220円)商品です。

ウェットティッシュを取り出すための蓋がボタン式になってるため、普通のワンタッチのパカパカタイプに比べると少しめんどくさいですが、ボタン式がミリタリーっぽくてかっこいいケースです!

おとん
おとん

完全にジャケ買い!

サイズ:20×12cm

ダイソー ウェットティッシュポーチ(ダブルポーチ) サイズ
ダイソー ウェットティッシュポーチ サイズ

ダイソーの無骨なウェットティッシュポーチ(ダブルポーチ)のサイズは公式では20×12cmですが、実際に測って見たところ幅は20cmではなく、幅は最大22cm、ポーチ部分は19cmと少しサイズが異なっていました。

むすめ。
むすめ。

個体差があるかもしれないけど、数値はズレてた。

重量:38.1g

ダイソー ウェットティッシュポーチ(ダブルポーチ) 重量
ダイソー ウェットティッシュポーチ 重量:38.1g

ダイソーの無骨なウェットティッシュポーチ(ダブルポーチ)の重量を計測してみたところ、38.1gと、ポリエステル製のためとても軽いポーチです。

カラーバリエーション

ミリタリー系のオリーブ
ミリタリー系のオリーブ
ミリタリー系のブラック
ミリタリー系のブラック

ダイソー ウェットティッシュポーチ(ダブルポーチ)のカラーは、ミリタリー感が強いオリーブとブラックの2種類が売っているのを見かけました。

他にもカラーがあるかもしれませんが、うちの近くのダイソーはこの2色のみ販売されてました。

おとん
おとん

オリーブの方がよりミリタリー感が強かった!

ウェットティッシュポーチの中に3箇所の仕切り付き!

ダイソー ウェットティッシュポーチ(ダブルポーチ)に3箇所の仕切りが付いてる
ダイソー ウェットティッシュポーチに3箇所の仕切りが付いてる

ダイソー ウェットティッシュポーチ(ダブルポーチ)の中は、3箇所の中仕切りが付いてます

ウェットティッシュを入れる所はビニールで乾かないようにコーティング
ウェットティッシュを入れる所はビニールで乾かないようにコーティング
ダイソー ウェットティッシュポーチ(ダブルポーチ)はボタン式のフラップタイプ
ダイソー ウェットティッシュポーチはボタン式のフラップタイプ

ウェットティッシュを入れておく所は、PEVA樹脂を使いウェットティッシュが乾きづらくなるようにコーティングされており、フラップは2箇所のボタン式(バネホック)になってます。

むすめ。
むすめ。

開閉はワンタッチの方が使いやすい!

大容量のウェットティッシュが入らない!

80枚入りの大容量ウェットティッシュと20枚入りのポケットサイズのウェットティッシュ
80枚入りの大容量ウェットティッシュと20枚入りのポケットサイズのウェットティッシュ

ダイソー ウェットティッシュポーチ(ダブルポーチ)の中にウェットティッシュを入れた時の使い勝手をレビューします。

大容量のウェットティッシュをケースの中に入れることが出来ない
大容量のウェットティッシュをケースの中に入れることが出来ない

ダイソー ウェットティッシュポーチ(ダブルポーチ)は、80枚入りの大容量サイズのウェットティッシュを入れることが出来ませんでした

むすめ。
むすめ。

仕切りが邪魔になって入らない。

いつも使っているセリアのウェットシートケースダイソーのベビーカー用のウェットティッシュケースは大容量サイズのウェットティッシュはもちろん、赤ちゃんのおしりふきも入れることが出来ますが、ダイソーの無骨なウェットティッシュポーチ(ダブルポーチ)はどれも入りませんでした。

おとん
おとん

ウェットティッシュはたくさんの量があった方がコスパも良いし!

ウェットティッシュとポケットティッシュ両方を収納可能
ウェットティッシュとポケットティッシュ両方を収納可能
20枚入りのウェットティッシュ2つを収納可能
20枚入りのウェットティッシュ2つを収納可能

ダイソー ウェットティッシュポーチ(ダブルポーチ)は、ポケットタイプの20枚入りのウェットティッシュであれば入りますし、両方の仕切りにウェットティッシュやポケットティッシュを入れることは出来ました。

そのため、お出かけや旅行用には便利ですが、キャンプでは大容量のウェットティッシュを使いため、ちょっと不便さを感じました。

むすめ。
むすめ。

出来るだけ荷物を減らしたいソロキャンプなら使えるサイズ!

ダイソー ウェットティッシュポーチはモバイルケースとしても使える!

ダイソーの無骨なウェットティッシュポーチはモバオイルポーチとしても使える
ダイソーの無骨なウェットティッシュポーチはモバオイルポーチとしても使える
小分けになったケースのため、整理して収納することが可能
小分けになったケースのため、整理して収納することが可能

ダイソー ウェットティッシュポーチ(ダブルケース)は中に仕切りが付いてるため、ウェットティッシュ以外にもモバイルポーチとして小分けに収納することが出来ます。

むすめ。
むすめ。

ゴールゼロやヘッデンなどまとめて入れることが出来る!

ウェットティッシュを出すフラップ部分か充電コードを出して使える
ウェットティッシュを出すフラップ部分か充電コードを出して使える

フラップ部分からモバイルバッテリーの充電コードを出すことも出来るので、スマホなどを充電したい時にモバイルバッテリーが汚れずに充電出来ます。

おとん
おとん

防水までは厳しい。

100均で買えるキャンプで使えるウェットティッシュケースを比較レビュー

セリアのウェットシートケースやダイソー ウェットティッシュポーチを比較
セリアのウェットシートケースやダイソー ウェットティッシュポーチを比較
製品名ダイソー ウェットティッシュポーチ
(ダブルポーチ)
ダイソー ウェットティッシュポーチ
(ベビーカー用)
セリア 蓋つきウェットシートケース Lサイズ
サイズ12×22×マチ4cm10×16×マチ3cm14×18×マチ4.5cm
重量38.1g46.1g33.8g
カラーオリーブ・ブラックブラックサンドベージュ・オリーブグリーン
価格220円220円110円
ウェットティッシュ大容量サイズは収納不可どのサイズも収納可どのサイズも収納可
ボタン式(2箇所)ワンタッチワンタッチ
吊り下げ出来ないループ付きファスナーの紐に吊り下げ可能
ダイソー「ウェットティッシュポーチ」とセリア「蓋つきウェットシートケース」を比較

ダイソーで今回購入したウェットティッシュポーチ(ダブルポーチ)と、以前ダイソーで購入した黒のベビーカー用ウェットティッシュポーチセリア 蓋つきウェットシートケース Lサイズの使い勝手を比較レビューします。

ダイソー ベビーカー用ウェットティッシュポーチやセリアのウェットシートケースはワンタッチのフラップタイプ
ダイソー ベビーカー用ウェットティッシュポーチやセリアのウェットシートケースはワンタッチのフラップタイプ

ダイソーのベビーカー用ウェットティッシュポーチや、セリアのウェットシートケースはワンタッチで開けることが出来るフラップのため、ウェットティッシュを取り出しやすいし、蓋も閉めやすい形状となってます。

どちらのウェットティッシュケースも大容量のウェットティッシュを収納することが出来るし、ハンギングラックなどに吊り下げて収納することが出来ます

ダイソーの無骨なウェットティッシュポーチ(ダブルポーチ)はボタンタイプで少しめんどくさい
ダイソー ウェットティッシュポーチ(ダブルポーチ)はボタンタイプで少しめんどくさい

今回購入したダイソーの無骨なウェットティッシュポーチ(ダブルポーチ)はフラップがボタン式のため、すぐに使うにもワンタッチ式よりかは手間が掛かり、閉める時もパチパチと2箇所留めるのが少しめんどくさいです。

大容量サイズのウェットティッシュも入らないため、キャンプでの使い勝手はダイソー ベビーカー用ウェットティッシュポーチや、セリア 蓋付きウェットシートケースの方が使いやすかったです。

おとん
おとん

デザインと使い勝手は別だった。

ただ、ウェットティッシュも出来るだけ軽量化を求めたり、20枚入りのポケットサイズのウェットティッシュしか使わないのであれば、ダイソー ウェットティッシュポーチ(ダブルポーチ)も選択肢の一つとしておすすめです!

むすめ。
むすめ。

コスパより軽量化を求めるキャンパーさん向け!

スポンサーリンク

ダイソー ウェットティッシュポーチを吊り下げ出来るようにカスタム

マチが付いてるため、立てて置くことが出来る
マチが付いてるため、立てて置くことが出来る
ダイソー ウェットティッシュポーチは立てて置ける
ダイソー ウェットティッシュポーチは立てて置ける

ダイソー ウェットティッシュポーチ(ダブルポーチ)は4cmのマチ付きのため、中にウェットティッシュを入れると立てて置くことが出来ます

キャンプではテーブルの上にドンっとウェットティッシュを置くのは邪魔なので、いつもはハンギングラックなどに吊り下げて収納してます。

ベビーカー用のウェッティッシュポーチやセリアのウェットティッシュケースはハンギングラックにひっかえることができる
ベビーカー用のウェッティッシュポーチやセリアのウェットティッシュケースはハンギングラックにひっかえることができる

ダイソー ベビーカー用ウェットティッシュポーチはループがついてるためハンギングラックに引っ掛けて使うことが出来ますし、セリア 蓋付きウェットシートケースもファスナーの紐にフックを引っ掛けて使えるので、愛用しているウェットティッシュケースです。

ダイソーの無骨なウェッテットティッシュポーチ(ダブルポーチ)はひっかえるための穴がない
ダイソーの無骨なウェッテットティッシュポーチ(ダブルポーチ)はひっかえるための穴がない

今回購入した無骨なウェットティッシュポーチは吊り下げるための穴やループ、紐などがどこにも付いてなかったため、キャンプで使いやすいようにファスナーを交換したり、ハトメを取り付けるカスタムをすることにしました

おとん
おとん

簡単に出来る改造!

カスタム①:ファスナーをジッパータグに交換する

ダイソーで買えるジッパータグに付け替える改造
ダイソーで買えるジッパータグに付け替える改造

まず一つ目のカスタムはダイソー ウェットティッシュポーチ(ダブルポーチ)のファスナーを、同じくダイソーで買えるテント用のジッパータグに付け替えることにしましt。

ジッパータグに変えることで、紐にフックを引っ掛けてウェットティッシュポーチをハンギングラックに吊り下げることが出来ます。

ダイソー ウェットティッシュポーチをカスタム①
  • STEP1
    ウェットティッシュポーチのファスナーを外す
    ダイソー ウェットティッシュポーチのファスナーを外す
    ダイソー ウェットティッシュポーチのファスナーを外す

    ダイソー ウェットティッシュポーチ(ダブルポーチ)のファスナーは細いラジペンを使って簡単に外すことが出来ます。

  • STEP2
    ダイソー ジッパータグをウェットティッシュポーチに取り付ける
    ダイソー ジッパータグに付け替える
    ダイソー ジッパータグに付け替える

    ジッパータグを外したファスナー部分に取り付けて、キュッとラジペンで押さえて外れないようにすれば、取り替えは簡単に出来ます。

  • 完成
    ハンギングラックに吊り下げてみた
    ダイソーの無骨なウェットティッシュポーチがハンギングラックに吊り下げることが出来るようになる
    ダイソーの無骨なウェットティッシュポーチがハンギングラックに吊り下げることが出来るようになる

    ダイソーの無骨なウェットティッシュポーチ(ダブルポーチ)にジッパータグを取り付けたことでハンギングラックに吊り下げることができ、収納場所にも困らなくなりました。

カスタム②:ハトメを取り付ける

ダイソー ウェットティッシュポーチ(ダブルポーチ)にハトメを取り付ける
ダイソー ウェットティッシュポーチ(ダブルポーチ)にハトメを取り付ける

ファスナーの取り替えが一番手っ取り早く簡単に出来ますが、ダイソー ウェットティッシュポーチ(ダブルポーチ)には、余ったビラビラみたいなのが付いてたため、そこにハトメを取り付けて吊り下げることが出来るようカスタムしました。

ダイソー ウェットティッシュポーチをカスタム
  • STEP1
    穴開けポンチで穴をあける
    穴開けポンチを使って穴をあける
    穴開けポンチを使って穴をあける

    ハトメを取り付けるために、穴開けポンチを使って穴をあけます。

  • STEP2
    ハトメを取り付ける
    穴の中にハトメを取り付けてハンマーで叩いて固定
    穴の中にハトメを取り付けてハンマーで叩いて固定

    あけた穴にハトメのオスを入れ、反対側にハトメのメスを入れたらハンマーで叩きハトメを固定させます。

  • 完成
    吊り下げて使ってみた!
    ハトメのおかげでダイソー ウェットティッシュポーチを吊り下げることが出来る
    ハトメのおかげでダイソー ウェットティッシュポーチを吊り下げることが出来る

    ハトメを取り付けたことで、ダイソー ウェットティッシュポーチを吊り下げて使うことが出来ますし、ハトメは固定力が高いため雑に扱っても壊れる気配がないです。

MINIMAL WORKS(ミニマルワークス)

まとめ:荷物を減らしたいソロキャンパーさん向け

ダイソーの無骨なウェットティッシュケース(ダブルポーチ) レビュー まとめ
ダイソーの無骨なウェットティッシュケース(ダブルポーチ) レビュー まとめ

今回はダイソーで購入したミリタリー風の無骨なウェットティッシュポーチ(ダブルポーチ)がキャンプに使えるかレビューしました。

ウェットティッシュポーチに仕切りが必要かと言われると別に無くても問題ないし、出来ることなら大容量サイズのウェットティッシュを入れて持ち運びしたかったので、キャンプでは少し使いにくいなと感じました。

むすめ。
むすめ。

旅行用なら色々まとめて詰め込めるから便利!

この記事のまとめ
  • 大容量サイズのウェットティッシュを入れることは出来ない!
  • 仕切りが付いてるため、ウェットティッシュだけでなくモバイルポーチとしても使える!
  • 吊り下げて使いたい場合はファスナーを交換したり、ハトメを付けるカスタムが必要!

キャンプでも使えるよう吊り下げるためのカスタムもしてみましたが、いまいち中途半端な大きさだったため、以前購入したダイソー ベビーカー用ウェットティッシュポーチやセリア 蓋付きウェットシートケースをキャンプでは使ってます。

おとん
おとん

デザインは好みだけど、キャンプには使いにくかった。

ただ、なるべく荷物は減らしたいソロキャンパーさんであれば、カスタムすることで使いやすいウェットティッシュポーチとして使うことが出来るのでおすすめです!

コメント