※当サイトではアフィリエイト広告を利用しています。
キャンプギアレビュー

エバニュー(EVERNEW)570FD レビュー!ラーメンは作れる大きさ?

エバニュー(EVERNEW)570FD レビュー!ラーメンは作れる大きさ?

エバニュー 400FDやバックカントリーアルミポットを持っているなら、 スタッキングして一緒に持って行きたい軽量チタンカップが「エバニュー Ti 570FD CUP」です。

400FDより一回り大きくした570FDは、シェラカップのように取り皿としても使えるし、ちっちゃめのお鍋くらいなら作ることが出来るので、ソロキャンプ用のクッカーとして使うにもおすすめです!

おとん
おとん

ハンドルがたためるし、寸胴型だらかスタッキングがしやすい!

むすめ。
むすめ。

シェラカップ代わりに400FDと570FDのセットが、ソロキャンプにおすすめ!

エバニュー 570FDはMAX容量が570mlもあるため、ラーメンくらいなら作れるかもと思い試してみました。

結果的には、チキンラーメンであれば570FDを使っても作ることは出来ますが、普通のインスタントラーメンは溢れてしましました

おとん
おとん

570FDをケトル代わりにカップラーメンのお湯を沸かすのは可能!

むすめ。
むすめ。

インスタントラーメンはお水が500ml必要なのが多かった。

この記事ではエバニュー 570FDの基本情報や使い勝手をはじめ、570FDを使ってラーメンを作ることが出来るのかレビューします。

スポンサーリンク

エバニュー(EVERNEW) Ti 570FD Cup

エバニュー 570FD レビュー
エバニュー 570FD レビュー
ざっくり言えば
  • 軽くて大きいシェラカップのように使えるチタンカップ
  • スタッキングしていけば、ソロクッカーセットが完成する
  • アルファ米やリフィルをこしらえるのに適したメモリ

エバニュー(EVERNEW)の銘品ともいえる軽量チタンカップ400FDが、より実用的に使えるよう大きいサイズになったのが、「エバニュー Ti 570FD Cup」です。

エバニュー 400FDや570FDは、ハンドルを折りたたむことが出来るし、形も寸胴型のため、スタッキングがしやすく、シェラカップと違いデッドスペースが少ないため収納がしやすいカップです。

エバニュー 570FDは、厚みがたった0.3mmのチタン製のため、重量も55gと軽く、「バックカントリーアルミポット」・「400FD」をスタッキングさせて持っていけば、ソロキャンプで使えるクッカーセットが完成します。

むすめ。
むすめ。

とにかくめっちゃ軽いし、使いやすい!

おとん
おとん

スタッキングして持って行きたいカップ!

オススメな人
  • 既にエバニュー 400FDを持ってる人
  • 既にエバニュー バックカントリーアルミポットを持ってる人
  • 大きいチタン製のシェラカップが欲しい人

エバニュー 570FDの内径と外径サイズ

エバニュー 570FDの内径と外径サイズ
エバニュー 570FDの内径と外径サイズ
製品名Ti Demitasse 220 FHTi 400FD CupTi 570FD Cup
品番ECA543ECA530ECA531
サイズ外径φ80×内径φ75×深さ55mm外径φ102×内径φ95×深さ58mm外径φ120×内径φ110×深さ61mm
容量220ml400ml570ml
重量42g50g55g
材質チタンチタンチタン

エバニューのスタッキング可能なハンドル付き軽量チタンカップは、「220 FH」・「400FD」・「570FD」の、3種類のサイズが販売されています。

570FDは、この3種類のカップの中では一番大きなサイズで、軽い小鍋くらいの容量があります。

むすめ。
むすめ。

一番大きいサイズのため長男!

もしくはおとん!

Q
エバニュー 570FDの内径と外径のサイズは?
A

公式のサイズは外径φ120×内径φ110×深さ61mmですが、個体によって1〜2mmほど誤差はあり、上部と底部でもサイズが異なります。

EVERNEW(エバニュー)

エバニュー 570FDの内径 サイズ

エバニュー 570FDの内径 サイズ
エバニュー 570FDの内径 サイズ
エバニュー 570FDの内径
  • 公式サイズ:内径φ110×深さ61mm
  • 計測サイズ:内径(上部)φ112mm・内径(底部)105mm×深さ58mm

エバニューの公式サイトには、内径のサイズは一つしか記載されていないのですが、実際は上部と底部でサイズが若干変わります。

むすめ。
むすめ。

ほぼ寸胴型だけど、底にかけて7mmほど細くなる。

実測値のため、正確ではないかもしれませんし、個体差も出てくるので、一概にどのサイズが正解ってことはないのですが、スタッキングする時の参考にしてください。

エバニュー 570FDの外径 サイズ

エバニュー 570FDの外径 サイズ
エバニュー 570FDの外径 サイズ
エバニュー 570FDの外径
  • 公式サイズ:外径φ120×深さ61mm
  • 計測サイズ:外径(上部)φ119mm・外径(底部)108mm×深さ61mm

外径のサイズも1mmと誤差の範囲ですが、個体差によるのか計測ミスか若干差はありました。

ただ、内径も外径もほぼ変わらないため、スタッキングは公式のサイズを参考にギアを選べばスタッキングは出来るはずです!

軽さを追求した0.3mmの極薄チタン

エバニュー 570FDの重量
エバニュー 570FDの重量

エバニュー 570FDや400FDは、エバニューの「U.L 0.3 Series」に属する軽量チタンカップです。

U.L 0.3 Seriesは、軽さを極限まで追求するために、チタンの厚みがたった0.3mmと極薄で作られています。

むすめ。
むすめ。

薄くて凹みやすいから注意!

そのため570FDも、大容量のカップでありながら、重さがたった55gと軽量なカップとなっています。

EVERNEW(エバニュー)

エバニュー 570FDの蓋

エバニュー 570FDの蓋
エバニュー 570FDの蓋

エバニュー 570FDをケトル代わりに使うためにお湯を沸かしたり、スープや鍋を作る時に、「」が必要となる場合があります。

570FD純正の蓋が、エバニューから販売されていますが、スタッキングできる「バックカントリーアルミポット」の蓋を流用して使うことも出来ます。

エバニュー 570cup フタ EBY277

エバニュー(EVERNEW) 570Cupフタ EBY277

製品名570cup フタ EBY277
サイズ外径12.5cm・内径12cm×高さ1.3cm
重量22g
素材チタン

エバニューからは、570FD純正の蓋フタ EBY277が販売されています。

つまみを敢えて小型化し、軽量化を図ったチタン製のため、たった22gの軽いフタとなっています。

むすめ。
むすめ。

ここまで軽ければ邪魔にもならない!

EVERNEW(エバニュー)

エバニュー バックカントリーアルミポットの蓋を570FDと併用

エバニュー 400FD+570FD+バックカントリーアルミポットをスタッキング
エバニュー 400FD+570FD+バックカントリーアルミポットをスタッキング

エバニュー 570FDと400FD+バックカントリーアルミポットは、 スタッキングして一緒に持ち運ぶことが出来ます。

バックカントリーアルミポットの蓋を570FDの蓋として併用することで、わざわざ蓋を用意しなくても流用して使うことが出来ます。

エバニュー 570FDの蓋にバックカントリーアルミポットの蓋を流用
エバニュー 570FDの蓋にバックカントリーアルミポットの蓋を流用

つまみ側を上にすると乗せてるだけになりますが、裏側を上にすれば、結構安定して570FDの蓋として使うことが出来ます。

おとん
おとん

ちゃんと蓋として使える!

セリア フタ付ボール深型の蓋が570FDとシンデレラフィット

セリア フタ付ボール深型の蓋とエバニュー 570FDがシンデレラフィット
セリア フタ付ボール深型の蓋とエバニュー 570FDがシンデレラフィット

100均でエバニュー 570FDの蓋がないか探してたところ、セリア フタ付ボール深型の蓋と570FDがシンデレラフィットしました。

セリアの蓋はポリエチレンのため、火にはかけれない
セリアの蓋はポリエチレンのため、火にはかけれない

セリア フタ付ボール深型の蓋はポリエチレン製のため、お湯を沸かしたりする時には使うことはできませんが、お菓子の湿気対策や、570FDにピッタリと閉まるため食品保存に使えます。

エバニュー 570FDと400FDをスタッキングして蓋を閉まることも可能
エバニュー 570FDと400FDをスタッキングして蓋を閉まることも可能

持ち運ぶ時は570FDの中に400FDをスタッキングしても蓋はちゃんと閉まるため、持ち運び中にバラバラになることはありません!

EVERNEW(エバニュー)

エバニュー 570FD レビュー

エバニュー 570FD レビュー
エバニュー 570FD レビュー
特徴とメリット
  • スタッキング力が高い
  • ハンドルがたためる
  • チタンブルーを楽しめる
  • ソロキャンプに十分な容量
注意点とデメリット
  • ハンドルカバーの色が赤のみ
  • ハンドルカバーは火で溶ける
  • 登山をしないとメモリが使いづらい

エバニュー 570FDを実際に使ってみて感じたこと、気になったことなどをまとめてレビューします。

エバニュー 570FDはスタッキングして持ち運びたいカップ!

エバニュー 570FDはスタッキングして持ち運びたいカップ
エバニュー 570FDはスタッキングして持ち運びたいカップ

エバニュー570FDは、同じエバニューの400FDやバックカントリーアルミポットとスタッキング出来るため、自分だけのクッカースタンドをスタッキングをして一緒に持ち運びたいカップです。

スノーピーク アルミパーソナルクッカーセットとエバニュー 570FDをスタッキング
スノーピーク アルミパーソナルクッカーセットとエバニュー 570FDをスタッキング

バックカントリーアルミポットの他にも、スノーピーク アルミパーソナルクッカーセットとも スタッキングが出来ます。

エバニュー 570FDの外径は120mmのため、130〜140mmくらいのクッカーであればシンデレラフィットするので、スタッキングして一緒に持ち運べます。

むすめ。
むすめ。

スタッキングして自分だけのクッカーセットを作れる!

ハンドルがたためるからスタッキングしやすい!

エバニュー 570FDや400FDはシェラカップと違いハンドルがたためる
エバニュー 570FDや400FDはシェラカップと違いハンドルがたためる

エバニュー 570FDや400FDのハンドルは折りたたむことが出来ます

シェラカップはハンドルが出っ張っており、折りたたむことが出来ませんが、570FDは折りたたむことが出来るため、スタッキングもしやすいし、デッドスペースが出来ないため収納も邪魔になりません。

おとん
おとん

エバニューからは、ハンドルが折りたためるシェラカップが販売されてる!

エバニュー 570FDのハンドルは外せる!

570FDのハンドルは外せる
570FDのハンドルは外せる

エバニュー 570FDや400FDのハンドルは外すことが出来ます。

ハンドルカバーの色を変えたい時や、焚き火にかける時は、ハンドルカバーは外して使うようにしましょう!

むすめ。
むすめ。

ハンドルカバーはシリコンだから、火で溶けちゃう!

エバニュー 570FDのハンドルはロックできる!

ハンドルをロックして使うことが出来る
ハンドルをロックして使うことが出来る

ハンドルの付け根に切り込みがあり、しっかりとハンドルが挟まっているため、どんな角度でもロック出来ます

持つ時とかにハンドルがパカパカしないため、ストレスなく使えます!

むすめ。
むすめ。

こういう気遣いが日本製らしいポイント!

チタンブルーに変色する?

エバニュー570FDはチタン製のため、火にかけるとチタンブルーに変色する
エバニュー570FDはチタン製のため、火にかけるとチタンブルーに変色する

エバニュー 570FDはチタン製のため、チタンブルーに変色させることは出来ます。

何度も焚き火調理などで、スープを作ったり、揚げ物をしたりとしているため、がっつりとチタンブルーに変わるかなと思っていましたが、一部チタンブルーになっただけでした。

おとん
おとん

もうちょっと全体的に綺麗なチタンブルーをつけたい!

焚き火に突っ込むと煤だらけでチタンブルーはわからない
焚き火に突っ込むと煤だらけでチタンブルーはわからない

外側は焚き火に突っ込んでいるため、煤だらけになっていて、いまいちチタンブルーを感じることは出来ませんでした。

エバニュー 570FDは登山家さんが使いやすいメモリ

エバニュー 570FDのメモリは登山家さん向け
エバニュー 570FDのメモリは登山家さん向け

570FDのメモリは160ml・330ml・450ml / 8oz(約240ml)・15oz(約440ml)と、中途半端な数値のメモリですが、これは登山家さんが使うのに適したメモリとなってます。

登山家さんの食事
  • アルファ米:160mlのお湯
  • カップヌードル・リフィル:330mlのお湯
  • インスタントラーメン:450ml〜500mlのお湯
  • 一人分のコーヒー・お茶:8oz(240ml)のお湯
  • 二人分のコーヒー・お茶:15oz(440ml)のお湯

登山家さんが、カップヌードルのリフィルや、アルファ米などをこしらえる時に、使いやすい数値のメモリのため、キャンプ向きってよりかは登山家さん向きのカップです。

むすめ。
むすめ。

絶対、開発者は登山好きなハズ!

エバニュー 570FDは大食いキャンパーさんでも満足できる容量

エバニュー 570FDの容量はMAX570ml
エバニュー 570FDの容量はMAX570ml

エバニュー 570FDは、容量が570mlとBigサイズのため、取り皿として使う時もたくさんの量を入れることが出来ます。

がっつり鍋を作って、いっぱいよそったりも出来るし、小腹が空いた時は570FDを使って調理も出来るので、大食いキャンパーさんでも満足出来る容量です。

逆に少食キャンパーさんでも、570FDで調理して、400FDを取り皿に使うなど、ちょっとした料理を作るのにも570FDは適しています。

400FDのサイズ感も使いやすいですが、クッカーや取り皿として、エバニュー 570FDの570mlは本当に最適な容量だと感じます

むすめ。
むすめ。

570mlは、一人分の食事だと使いやすい最適な量!

EVERNEW(エバニュー)

エバニュー 570FDを使ってラーメンは作れる?

エバニュー 570FDでラーメンは作れる?
エバニュー 570FDでラーメンは作れる?

エバニュー 570FDは、最大容量が570mlあるため、ラーメンくらいなら作れそうなサイズ感のカップです。

ただ、最大容量が570mlなだけであって、お水の量は450mlまでしか沸かすことは出来ません

むすめ。
むすめ。

450mlを超えると、沸騰した時に溢れちゃう。

Q
エバニュー 570FDでラーメンは作れる?
A

カップラーメンは作れるけど、インスタントラーメンは570FDだと450mlしかお湯が沸かせないため、チキンラーメンかお椀型のラーメン以外作るのは、粉の量を調整しないと難しいです。

570FDでお湯を沸かしてカップラーメンが作れる!

エバニュー 570FDをケトル代わりにカップラーメンは作れる
エバニュー 570FDをケトル代わりにカップラーメンは作れる
必要なお湯の量
  • 日清 カップヌードル:300ml
  • 日清 カップヌードル ビッグ:410ml
  • 日清 チキンラーメンどんぶり:410ml
  • サッポロ一番 塩ラーメン:350ml
  • マルちゃん 赤いきつね:410ml
  • 日清 UFO:460ml 大盛り:700ml
  • 明星 一平ちゃん:540ml 大盛り:770ml

カップラーメンは、日々色々なメーカーから新作がたくさん販売しており、種類によって必要なお湯の量は変わります。

基本的に筒型のカップラーメンは300ml器型のカップラーメンだと400mlくらいのお湯の量が必要です。

大体のカップラーメンは、エバニュー 570FDをケトル代わりでお湯を沸かして、ラーメンを作ることは可能です。

おとん
おとん

お湯の量が450mlまでなら、570FDを使って沸かせる!

むすめ。
むすめ。

カップヌードル BIGでも、570FDで作れる!

おとん
おとん

カップ焼きそばはお湯の量が多いから作るのが厳しい。

インスタントラーメンは450mlまでなら570FDで作れる!

チキンラーメンとエバニュー 570FDがシンデレラフィット
チキンラーメンとエバニュー 570FDがシンデレラフィット
必要なお湯の量
  • 日清 チキンラーメン:どんぶりの場合400ml 煮込む場合450ml
  • 日清 ラ王:450ml
  • サッポロ一番 みそラーメン:500ml
  • マルちゃん 正麺:500ml
  • 日清 お椀で食べるカップヌードル:160ml

インスタントラーメンは基本的に500mlのお湯の量が必要なため、エバニュー 570FDで作ろうとしても、溢れてしまいます。

おとん
おとん

570FDは450mlまでしか水を入れれない!

どうしても、570FDでラーメンを作りたい場合は、水の量を少なくして、スープの粉も減らせばなんとか作ることは出来ますが、それなら大きめのクッカーで作った方が楽です!

むすめ。
むすめ。

570FDで頑張ってラーメン作っても具なしだし。

チキンラーメンはエバニュー 570FDで作れる
チキンラーメンはエバニュー 570FDで作れる

チキンラーメンであれば、熱湯をかける量は400mlで済むため、570FDでも作ることは可能です。

むすめ。
むすめ。

チキンラーメンと570FDがシンデレラフィットするから、割らなくても作れる!

ミニサイズのお椀で食べるカップヌードルとかは、160mlしかお湯の量は必要としないため、570FDでも、400FDでも作ることは出来ます。

おとん
おとん

お湯の量を減らすと辛くなるし、インスタントラーメンは厳しい。

まとめ:570FDは400FDとスタッキングして使いたい

エバニュー 570FD レビュー まとめ
エバニュー 570FD レビュー まとめ

今回は、エバニュー 570FDのレビューをまとめました。

570FDは400FDとスタッキング出来るため、シェラカップはスペース取るし邪魔だなと考えていたり、スタッキングに興味があるソロキャンパーさんにおすすめのカップです!

エバニュー 570FDは容量が大きいため、取り皿としてはもちろん、ちっちゃな鍋として使うなどソロキャンプでマルチに活躍する軽量チタンカップです!

この記事のまとめ
  • 400FD+570FD+バックカントリーアルミポットのスタッキングが最強
  • 570FDのメモリは登山家さん向け
  • カップラーメンを作る時のケトル代わりに使える
  • お湯を沸かす時は450mlのメモリまででないと溢れる

エバニュー 570FDでラーメンを作るのは、チキンラーメンしか容量的に難しかったですが、カップラーメンであれば、570FDをケトル代わりに使って作ることは出来ます

クッカーの軽量化やスタッキングを考えているソロキャンパーさんにこそ、エバニュー 570FDをおすすめしたいカップです!

コメント