※当サイトではアフィリエイト広告を利用しています。
キャンプギアレビュー

サイバトロン バックパック 3Pタクティカル レビュー!おすすめしたい5つのメリット

サイバトロン バックパック 3Pタクティカル レビュー!おすすめしたい5つのメリット

ソロキャンプで使いたいバックパックとして、ソロキャンパーさんに絶大な人気を誇る「サイバトロン バックパック 3Pタクティカル」

サイバトロン バックパック 3Pタクティカルは、37Lのメインバッグ+約4Lのサイドポーチ×2個の計45Lの大容量バックパックのため、一泊分のキャンプギアを全てパッキングしてソロキャンプを楽しむことが可能な容量です。

おとん
おとん

ソロキャンプにちょうど使いやすいサイズ感!

キャンプや登山で使う本格的なバックパックや、軍放出品などミリタリー系のリュックはお値段もお高めなのが多いですが、サイバトロン バックパック 3Pタクティカルは比較的リーズナブルに購入できるし、予想以上に頑丈タフな作りのため、コスパが高いバックパックです。

むすめ。
むすめ。

初心者キャンパーさんからベテランキャンパーさんまでおすすめできるバックパック!

この記事では、サイバトロン バックパック 3Pタクティカルの基本情報をはじめ、実際キャンプで使ってみて感じたことや、ソロキャンプにおすすめしたい3つのメリットなどをまとめてレビューします。

スポンサーリンク
  1. サイバトロン バックパック 3Pタクティカル
    1. サイバトロンとは
    2. カラーはカーキと黒の2種類!
    3. サイバトロンから販売されているミリタリー系バッグ
  2. サイバトロン バックパック 3Pタクティカル ディティールをレビュー
    1. サイバトロン バックパック 3Pタクティカル サイズ
    2. 収納スペース①:本体メインポケット
    3. 収納スペース②:本体ポケット(真ん中)
    4. 収納スペース③:外側ポケット(大)
    5. 収納スペース④:外側ポケット(小)
    6. 収納スペース⑤:サイドポーチ
    7. 収納スペース⑥:モールシステム対応ポーチで収納力が更にアップ!
    8. 収納スペース⑦:入りきらないギアはベルトなどに外付けして対応!
  3. レビュー:サイバトロン バックパック 3Pタクティカルの背負い心地は?
    1. ウエストベルト・チェストベルト付き
    2. サイバトロン バックパック 3Pタクティカルは約1.8kgと重たい。
  4. サイバトロン バックパック 3Pタクティカルをおすすめしたいメリット
    1. メリット①:コスパが高い!
    2. メリット②:雑に扱っても壊れないほど頑丈!
    3. メリット③:ソロキャンプに使いやすいサイズ感!
    4. メリット④:拡張性が高くカスタムしやすい!
    5. メリット⑤:整理整頓が苦手なキャンパーさんにおすすめ!
  5. まとめ:サイバトロン バックパック 3Pタクティカルはおすすめ!

サイバトロン バックパック 3Pタクティカル

サイバトロン バックパック 3Pタクティカル レビュー
サイバトロン バックパック 3Pタクティカル レビュー
ざっくり言えば
  • メイン収納37L +サイドバック4L×2個 計45L!
  • モールシステムに対応しているため、入りきらない荷物は外付け出来る!
  • ソロキャンプ芸人ヒロシも愛用しているバックパック!

サイバトロン バックパック 3Pタクティカルは、無骨感溢れるミリタリー系のバックパックです。

ミリタリー系のバックパックは基本頑丈に使えるのが売りになっており、サイバトロン バックパック 3Pタクティカルもしっかりとした厚めのナイロン素材の生地を使っているため、キャンプで雑に扱っても壊れる心配がありません。

おとん
おとん

めっちゃ使ってるけど、全然へこたれない!

収納スペースもたくさんついているため整理整頓がしやすく、計45Lの大容量サイズなので、一泊分のソロキャンプの荷物であればバックパックの中に全てパッキングすることも出来ます。

サイバトロンとは

サイバトロンとは
サイバトロンとは

サイバトロン(Seibertron)は中国にある会社で、各種スポーツ用の手袋(グローブ)や、アウトドア用のバックパック、バイク用のバックパックやヘルメットなどを、オンラインショップを通して格安に販売しているブランドです。

ソロキャンプ芸人として人気のヒロシさんが、サイバトロン バックパック 3Pタクティカルを愛用している事でも有名で、一躍サイバトロンの名前はキャンパーの間でも有名になりました。

むすめ。
むすめ。

ヒロシが使ってるキャンプギアの人気は凄い!

カラーはカーキと黒の2種類!

[サイバトロン] バックパック 3Pタクティカル MOLLE 防水 軽量 アウトドア ミリタリー U.Sタイプ リュック...

[サイバトロン] バックパック 3Pタクティカル MOLLE 防水 軽量 アウトドア ミリタリー U.Sタイプ リュック...

サイバトロン バックパック 3Pタクティカルはカーキと黒、2種類のカラーから選べます。

人気が高いカラーはカーキですが、すぐに汚してしまう自信があったし(笑)、黒系のギアが多かったため、うちは合わせやすそうな黒を選びました。

おとん
おとん

どっちのカラーにするかはお好みで!

サイバトロンから販売されているミリタリー系バッグ

[サイバトロン] バックパック 3Pタクティカル MOLLE 防水 軽量 アウトドア ミリタリー U.Sタイプ リュック...

[サイバトロン] バックパック 3Pタクティカル MOLLE 防水 軽量 アウトドア ミリタリー U.Sタイプ リュック...

サイバトロン バッグ 4WAY多機能(斜め掛け ウェスト フロント ハンド) MOLLE対応 カジュアル アウトドア ...

サイバトロン バックパック 3Day 大容量 軍用 Molle対応 タクティカル ウォータープルーフ アウトドアデイ...

サイバトロンから販売されているキャンプに使えるミリタリー系バッグ
  • サイバトロン バックパック 3Pタクティカル:45L
  • サイバトロン バックパック タクティカル 27L
  • サイバトロン バックパック タクティカル 37L
  • サイバトロン バッグ 4WAY多機能ショルダーバッグ
  • サイバトロン バックパック 3Day
  • サイバトロン バックパック 65L

サイバトロンはバックパック 3Pタクティカルが有名ですが、メインバッグを単品購入出来たり、更にサイズを大きくした65Lサイズのバックパックや、拡張出来るショルダーバッグなど、色々なバックが販売されています。

むすめ。
むすめ。

どのモデルもカラーはカーキ・ブラックの2色から選べる!

サイバトロン バックパック タクティカル

[サイバトロン] バックパック 3Pタクティカル MOLLE 防水 軽量 アウトドア ミリタリー U.Sタイプ リュック...

[サイバトロン] バックパック 通気 多機能 防水 軽量 ロードバイクリュック Molle対応 モータースポーツ 黒...

製品名サイバトロン バックパック タクティカル27Lサイバトロン バックパック タクティカル37L
サイズ22×27×H41cm27×27×H48cm
容量27L37L

サイバトロン バックパック 3Pタクティカルは、両サイドにポーチがついてますが、本体のメインバッグだけを単品で購入することが出来ます

サイドポーチが不要な場合や、メインバッグがボロボロになってしまった時は、単品購入した方が安上がりです。

むすめ。
むすめ。

ただ、なかなかボロボロにならない。

27Lと37Lのサイズから選ぶことが出来るため、荷物を減らしたい場合は小さめのバックパックを選ぶことも出来ます。

サイバトロン バッグ 4WAY多機能ショルダーバッグ

サイバトロン バッグ 4WAY多機能(斜め掛け ウェスト フロント ハンド) MOLLE対応 カジュアル アウトドア ...

製品名サイバトロン バッグ 4WAY多機能ショルダーバッグ
サイズ22.8×7.5×H15cm

サイバトロン 4WAY多機能ショルダーバッグは、ショルダーバッグとしても使えるし、モールシステムに対応しているため、サイバトロン バックパック 3Pタクティカルに取り付けて収納スペースを拡張させることも出来ます

おとん
おとん

収納力を上げたい、カスタム用として人気!

ショルダーバッグ単品で使う時は、斜めがけで背負うのはもちろん、ウエストバッグにしたり、フロントに掛けたり、手で持ったりと4WAYで使用することが出来る多機能バッグです。

キャンプの荷物が多くなり、サイバトロン バックパック 3Pタクティカルの収納サイズを増やしたい時は、ショルダーバッグで拡張すればカラーも一緒だし合わせやすいです。

サイバトロン バックパック 3Day

サイバトロン バックパック 3Day 大容量 軍用 Molle対応 タクティカル ウォータープルーフ アウトドアデイ...

サイバトロン バックパック 3Day 大容量 軍用 Molle対応 タクティカル ウォータープルーフ アウトドアデイ...

製品名サイバトロン バックパック 3Day
サイズ30×22×H50cm

サイバトロン バックパック 3Pタクティカルは両サイドに取り外し可能な4Lの大きなポーチが付いてますが、サイバトロン バックパック 3Dayはサイドポーチは小型サイズになってます。

3Dayと言う名前だけあって、3日分の荷物を詰め込んで旅行に行けるほどの大きなサイズの容量のバックパックで、容量の記載はなかったのですが、サイズから計算すると約36.3Lになります。

キャンプで使用する場合は、荷物を最小限にまとめたいソロキャンパーさんであれば十分に使用出来そうなサイズ感ですし、モールシステムにも対応しているためサイズの拡張も出来ます。

サイバトロン バックパック 65L

[サイバトロン] バックパック 65L大容量 レインカバー付き 多機能 アウトドアリュック ディバッグ カーキ

[サイバトロン] バックパック 65L大容量 レインカバー付き 多機能 アウトドアリュック ディバッグ 黒

製品名サイバトロン バックパック 65L
サイズ33×20×H76cm
容量65L

サイバトロン バックパック 65Lは、サイバトロンの中で一番大きなサイズのバックパックです。

荷物の軽量化なんてくそくらえ!」と考えている重量級キャンパーさんは30Lや40Lサイズのバックパックでは確実に足りないですが、65Lもあればかなりのギアをパッキングすることが出来ます。

バックパックが既に重たいし、更に65Lもキャンプギアをパッキングしたら、それだけでえらい重量になってしまい背負うのも一苦労しそうになるため、体力と力に自信がある重量級キャンパーさんでないと難しそうなサイズ感です。

おとん
おとん

絶対腰をいわしそう。

Seibertron(サイバトロン)

サイバトロン バックパック 3Pタクティカル ディティールをレビュー

サイバトロン バックパック 3Pタクティカルは収納スペースが5箇所
5箇所に分かれた収納スペース
5箇所の収納スペース
  1. 本体メイン収納
  2. 本体ポケット(真ん中)
  3. 本体ポケット(外側・大)
  4. 本体ポケット(外側・小)
  5. サイドポーチ×2個

サイバトロン バックパック 3Pタクティカルは収納スペースがサイドーポーチ2個含めると、合計6個と細かく小分けしながら収納することが出来ます

むすめ。
むすめ。

外付けすることで更に収納力がアップ!

各収納ポケットやモールシステムの使い勝手など、サイバトロン バックパック 3Pタクティカルのディティールをレビューします。

サイバトロン バックパック 3Pタクティカル サイズ

サイバトロン バックパック 3Pタクティカル 容量は37L+サイドポーチ4L×2個の合計45L
サイバトロン バックパック 3Pタクティカル 容量は37L+サイドポーチ4L×2個の合計45L
製品名サイバトロン バックパック 3Pタクティカル
カラーカーキ・ブラック
容量本体:37L+サイドポーチ:4L×2個
総重量1832g(実測)
材質防水900デニール(ジッパーとピンホールは耐水性なし)

サイバトロン バックパック 3Pタクティカルは、37Lのバックパック本体と、約4Lの脱着可能なサイドポーチが2つ付属しており、合計45Lほどの大きさのバックパックとなります。

モールシステムに対応しているため、対応しているポーチなどを外付けして拡張することで更に容量を上げさせることも可能です。

サイバトロン バックパック本体は37Lの容量と4箇所の収納スペース
サイバトロン バックパック本体は37Lの容量と4箇所の収納スペース
サイバトロン バックパック 3Pタクティカル サイドポーチ
サイバトロン バックパック 3Pタクティカル サイドポーチ
37L バックパック本体 サイドポーチ
サイズW27×D27×H48cmW12.7xD10×H33cm(2個付属・取り外し可能)
ウエストベルトMax:114cm
チェストベルトMax:152cm(取り外し可能)
容量37L4L×2個 計8L
重量約1,460g(実測)約186g×2個

メインのバックパック本体はポケットがたくさんついてるため、キャンプギアを整理整頓しながらパッキングしていくことが出来ます。

サイドポーチは取り外し可能なため、そこまで荷物がなく必要ない時は外して使えます。

収納スペース①:本体メインポケット

本体のメイン収納ポケットは全開にして開くことが出来る
本体のメイン収納ポケットは全開にして開くことが出来る
サイズ約 幅27×マチ11×高さ48cm
容量約 15L

サイバロン バックパック 3Pタクティカルのメインポケットは、ジッパーを全開に開けることが出来るため、スーツケースみたいに180度開きます。

わざわざ全開にしてまで細かくパッキングはしませんが、荷物が多いキャンパーさんや、細々したギアをパッキングする時は、全開にすることで奥底に収納したギアを見つけやすくなります。

テントやシュラフなど大型のギアやファニチャーなどをパッキング
テントやシュラフなど大型のギアやファニチャーなどをパッキング
パッキング例
  • キャンプファニチャー:チェア・テーブル
  • テントやシュラフなどサイズが大きいギアをパッキング

本体メインポケットにはテントやシュラフなど大きいサイズのギアや、チェアやテーブルなどファニチャー類をまとめてパッキングしやすいサイズ感です。

高さが48cm以上のキャンプギアはパッキング出来ませんが、ソロキャンプで使うようなサイズ感のテントやテーブルは問題なくパッキング出来たし、まだまだスペースが余ってます。

むすめ。
むすめ。

ハードケースと違ってマチはサイズ以上に余裕がある!

収納スペース②:本体ポケット(真ん中)

サイバトロン バックパック 3Pタクティカル 真ん中部分の収納スペース
サイバトロン バックパック 3Pタクティカル 真ん中部分の収納スペース
サイズ約 幅25×マチ7×高さ44cm
容量約 7〜8L

サイバロン バックパック 3Pタクティカルの真ん中のポケットも180度まではいきませんが、ガバッと大きく開きます。

メインポケットと比較すると真ん中のポケットは半分くらいのサイズになります。

焚き火台やクッカーなどをパッキング出来るサイズ感
焚き火台やクッカーなどをパッキング出来るサイズ感
パッキング例
  • 焚き火関連のギア
  • クッカーやカトラリーなど調理関係のギア

うちは真ん中のポケットに焚き火関連のギアをパッキングしています。

ピコグリル 398」や「ベルモント 焚き火台 TABI」など、A4サイズくらいの薄型の焚き火台を使っているキャンパーさんであれば、かなり余裕を持ってパッキング出来ます。

むすめ。
むすめ。

真ん中のポケットもマチはサイズ以上に余裕がある!

PICOGRILL(ピコグリル)

収納スペース③:外側ポケット(大)

サイバトロン バックパック 3Pタクティカル 外側ポケット・大
サイバトロン バックパック 3Pタクティカル 外側ポケット・大
サイズ約 幅20×マチ5×高さ24cm
容量約 3L

サイバトロン バックパック 3Pタクティカルの外側ポケットは2箇所ついており、大きい方のポケットは、キャンプで使うナイフや手袋など、汚れやすい細々としたギアをパッキングするのに便利です。

おとん
おとん

外側で取り出しやすい場所だらか、すぐに使いたいギアをパッキングしとくと便利!

ペグなどを差し込める収納スペース
ペグなどを差し込める収納スペース

外側ポケットの内側には、本来はペンなどを収納するためのポケットが付いてたため、予備で使うペグを差し込んでおきました。

グローブ・手袋・ノコギリなど汚れても良いフィールドギアをパッキング
グローブ・手袋・ノコギリなど汚れても良いフィールドギアをパッキング
パッキング例
  • ナイフ
  • ノコギリ
  • ペグハンマー
  • グローブ
  • ペグなど汚れてもいいギアを収納

一番外側ですぐに取り出しやすい場所ですが、 3Lほどしか容量はないため、よく使う小物類をパッキングしておくと便利です。

収納スペース④:外側ポケット(小)

サイバトロン バックパック 3Pタクティカル 外側ポケット・小
サイバトロン バックパック 3Pタクティカル 外側ポケット・小
サイズ約 幅20×マチ5×高さ10cm
容量約 1L

サイバトロン バックパック 3Pタクティカルの外側上部にも小さな収納ポケットがついてます。

ランタンやモバイルグッズ、衛生用品などをパッキング
ランタンやモバイルグッズ、衛生用品などをパッキング
収納可能
  • ランタン
  • ヘッドライト
  • ポケットティッシュ
  • ウェットティッシュ
  • 衛生用品など小物類の収納に便利

1Lほどしか容量がない小さな収納ポケットのため、ゴールゼロやヘッドライトなどの小型ランタンや、ポケットティッシュやお泊まりセットなど細々とした小物類のパッキングに向いてます。

収納スペース⑤:サイドポーチ

サイドポーチの取り外し方
サイドポーチの取り外し方
サイズ約 W12.7xD10×H33cm(2個付属・取り外し可能)
容量約4L×2個=計8L

サイバトロン バックパック 3Pタクティカルのサイドポーチは脱着可能なポーチです。

4箇所のバックルを外し、サイドポーチの上下についてるフックを外すことで簡単に外すことが出来ますし、取り付けるのも簡単です。

テント・ハンモック・タープなどをパッキング
テント・ハンモック・タープなどをパッキング
パッキング例
  • 3×3タープ・4×4タープ・ヘキサタープ
  • DDハンモック
  • ソロキャンプ用テント
  • シュラフ
  • クッカーセットなど

サイドポーチは約W12.7xD10×H33cmと見た目以上に大きく、バンドック ソロドームも入ったし、DDハンモックやタープなどもパッキング出来ました

おとん
おとん

テントやハンモックはシンデレラフィット!

むすめ。
むすめ。

タープやシュラフだとまだスペースが余るほど余裕!

収納スペース⑥:モールシステム対応ポーチで収納力が更にアップ!

ヘリノックス テーブルサイドストレージ Sサイズをサイバトロン バックパックに取り付けて拡張
ヘリノックス テーブルサイドストレージ Sサイズをサイバトロン バックパックに取り付けて拡張
パスファインダー カンティーンクッキングセットをサイバトロン バックパックのモールに取り付ける
パスファインダー カンティーンクッキングセットをサイバトロン バックパックのモールに取り付ける

サイバトロン バックパック 3Pタクティカルはモールシステムに対応しており、バックの外側にはデイジーチェーン(PALSウェビング)がたくさん縫い付けられています。

モールシステムに対応しているポーチやバッグ、カナビラなどをサイバトロン バックパック 3Pタクティカルに外付けすることで、更に収納力が上がります。

おとん
おとん

ついつい外付けしたくなる魅力がある!

ヘリノックス テーブルサイドストレージや、パスファインダー カンティーン クッキングセットの収納バッグなどはモールシステムに対応しているキャンプギアのため、サイバトロン バックパック 3Pタクティカルに外付けして、一緒に持ち運ぶことも可能です!

モールシステム対応のカナビラを使えばギアを吊り下げることが可能
モールシステム対応のカナビラを使えばギアを吊り下げることが可能

デイジーチェーンには大きめのカナビラを引っ掛けることが出来ますし、モールシステムに対応したDリングなどを取り付けることも出来ます。

むすめ。
むすめ。

サイバトロン純正だと、 4WAY多機能ショルダーバッグを使って拡張できる!

おとん
おとん

シェラカップやランタンを吊り下げて持ち運べる!

収納スペース⑦:入りきらないギアはベルトなどに外付けして対応!

バックパック内に入りきらないギアは外付けしてパッキング
バックパック内に入りきらないギアは外付けしてパッキング
パッキング例
  • スリーピングマット
  • コット
  • グランドシート
  • タープポール
  • トレッキングポール
  • オイルランタン
  • その他、48cm以上の大型のギア

サイバトロン バックパック 3Pタクティカルのベルトを伸ばしたり、別途パッキング用のベルトを準備することで、バックパック内に入りきらない長尺ギアを外付けしてパッキングが出来ます

ベルトを通してサーマレスト Zライトソルを外付け
ベルトを通してサーマレスト Zライトソルを外付け

寝る時に使うサーマレスト Zライトソルなどのスリーピングマットは、別途ベルトを用意することでバックパックの上に外付け出来ます。

バックパックの底にもコットなどを外付け可能
バックパックの底にもコットなどを外付け可能

コットなど重たいギアを外付けする時は、重心を下げるためにバックパックの下部ベルトを伸ばすことでまとめてパッキングすることも出来ますし、上につけるより持ち運びしやすいです。

もちろん下部のベルトにスリーピングマットをパッキングして、持ち運ぶことも可能です!

レビュー:サイバトロン バックパック 3Pタクティカルの背負い心地は?

サイバトロン バックパック 3Pタクティカルの背負い心地は?
サイバトロン バックパック 3Pタクティカルの背負い心地は?
Q
サイバトロン バックパック 3Pタクティカルの背負い心地は?
A

普通のカジュアルリュックや登山用バックパックと比較すると、背負い心地は決して良くないし、どちらかと言えば悪いです。

サイバトロン バックパック 3Pタクティカルはミリタリー系のゴツいリュックだし、それなりに重量もあるため、決して背負いやすいバッグではありません

うちはキャンプ場の駐車場からサイトまでの距離しか背負うことがないため、長くても5分くらいしか背負ってませんが、登山用バックパックと比較すると背負い心地は劣ります

おとん
おとん

長時間背負って歩きたくはない。

むすめ。
むすめ。

体が後ろに倒れそうな感じだった。

ウエストベルト・チェストベルト付き

背面はメッシュ付きで、背もたれ部分にも収納スペースがある
背面はメッシュ付きで、背もたれ部分にも収納スペースがある

サイバトロン バックパック 3Pタクティカルの背もたれ部分は、通気性を良くするためにメッシュ素材が使われていますが、背負っている時間が短いためメリットはあまり感じませんでした。

むすめ。
むすめ。

実は背もたれ部分にも収納ポケットが付いてる!

チェストベルトのバックルに笛が付いてる
チェストベルトのバックルに笛が付いてる

登山用リュックと同じように、サイバトロン バックパックにもチェストベルトウエストベルトが付いてます。

徒歩キャンパーさんなど、長時間背負わないといけないキャンパーさんであれば必要な装備ですが、うちは背負う時間も短いし、ウエストベルトは邪魔なので取り外しました!

おとん
おとん

ウエストベルトは脱着可能!

むすめ。
むすめ。

チェストベルトのバックルには笛が付いてる!

サイバトロン バックパック 3Pタクティカルは約1.8kgと重たい。

サイバトロン バックパック 3Pタクティカルは約1.83kgと重たい
サイバトロン バックパック 3Pタクティカルは約1.83kgと重たい

キャンプで使うバックパックも、ULハイクに使うようなバックパックを使えば軽量化出来ます。

サイバトロン バックパック 3Pタクティカルは計測したら1,832gと、バックパックだけでも結構重たいし、背負ってみると何も入れてなくてもそれ以上に重たく感じます。

生地も丈夫だし、少々雑に扱っても破れそうな気配はありませんが、更にキャンプギアもパッキングするので、もう少し軽めのリュックだとありがたいと思いました。

むすめ。
むすめ。

タフな分、重たい!

サイバトロン バックパック 3Pタクティカルをおすすめしたいメリット

サイバトロン バックパック 3Pタクティカルをおすすめしたい3つのメリット
サイバトロン バックパック 3Pタクティカルをおすすめしたい3つのメリット
サイバトロン バックパック 3Pタクティカル 5つのメリット
  • コスパが高い!
  • 雑に扱っても壊れないほど頑丈!
  • ソロキャンプに使いやすいサイズ感!
  • 拡張性が高くカスタムしやすい!
  • ポケットが多く整理整頓がしやすい!
パッキングが
楽しい

サイバトロン バックパック 3Pタクティカルはミリタリー色が強いため、かっこよく感じるかどうかは好みが分かれてくるバックパックです。

キャンプ場ではかっこよく見えても、街中では似合わないため、結局キャンプでしか活躍してません。

ソロキャンプには使いやすいサイズで必要なギアは全てパッキング出来ますし、雑に扱っても壊れることなく頑丈でコスパも高く、拡張性が高くカスタムもしやすいため、サイバトロン バックパック 3Pタクティカルはソロキャンプにおすすめしたいバックパックです!

おとん
おとん

キャンプで使いたいバックパック!

サイバトロン バックパック 3Pタクティカルをおすすめしたい5つのメリットをレビューします。

メリット①:コスパが高い!

ミリタリー系のキャンプに使えるバックパックや、軍放出品のバックパックは、基本お値段お高めなのが多いのですが、サイバトロン バックパック 3Pタクティカルは45Lと大容量でありながら、他のキャンプ用の大容量バックパックたちの中では比較的リーズナブルに購入することが出来ます

安いからと言ってスペックが低いわけではなく、うちは使用して5年目に突入しましたが、一向に壊れそうな気配もなくまだまだ現役で使えてます。

おとん
おとん

頑丈だし、長く使えてコスパが高い!

むすめ。
むすめ。

安物買いの銭失いにはならない!!

メリット②:雑に扱っても壊れないほど頑丈!

サイバトロン バックパック 3Pタクティカルは頑丈だし、多少の雨は弾く
サイバトロン バックパック 3Pタクティカルは頑丈だし、多少の雨は弾く

サイバトロン バックパック 3Pタクティカルの生地は900デニールの生地を使っているため、触り心地からとにかく頑丈です。

デニールとは

9,000メートルで1グラムの糸=1デニール

デニールとは繊維の太さの単位で、数値が高いほど厚手になるため頑丈になります。

キャンプ場でも地面にドサッと置くし、結構に使っているのですが、雑に扱っても穴が空くわけでもなく、壊れる気配もありません

むすめ。
むすめ。

アウトドアの使用に最適なバックパック!

Q
サイバトロン バックパック 3Pタクティカルは雨の日は中まで濡れる?
A

スペック上は防水900デニールですが、止水ファスナーではないため雨の中放置すると中まで濡れてしまいます。多少の雨くらいなら弾いてくれますが、不安であれば防水スプレーをかけた方が安心です。

メリット③:ソロキャンプに使いやすいサイズ感!

ソロキャンプに必要なギアをバックパックの中にパッキング出来る
ソロキャンプに必要なギアをバックパックの中にパッキング出来る

サイバトロン バックパック 3Pタクティカルはソロキャンプで使うひとり用のコンパクトなキャンプギアがパッキングしやすいです。

ソロキャンプでも2〜3人用の大きなテントを使いたいと考えているキャンパーさんや、バップテントなどひとり用でも収納サイズが大きい重量級テントなどはパッキングしにくいです。

おとん
おとん

外付けするとか、考えないといけなくなる。

(例)一泊分のソロキャンプギア
  • テント:バンドック ソロドーム
  • テーブル:SOTO フィールドホッパー・キャプテンスタッグ セカンドグリル・三脚テーブル
  • チェア:ALITE メイフライチェア
  • シュラフ:スナグパック ジャングルブランケット
  • スリーピングマット:サーマレスト Zライトソル
  • 焚き火台:ピコグリル396
  • 焚き火関連の小物類:火起こしセット・薪バサミ・ナイフ・ノコギリ・グローブ
  • クッカー:スノーピーク アルミパーソナルクッカーセット
  • バーナー:SOTO レギュレーターストーブ ST-310
  • カトラリーセット・調味料などのキッチン関係の小物類
  • ランタン:ゴールゼロ・ヘッドライト・フュアーハンドランタン
  • お泊まりセット:アメニティセット・歯ブラシなどの小物類
  • ティッシュ・ウェットティッシュ
  • パラコード
  • クーラーボックスは手持ちで持ち運ぶ!

ごくごく定番の一泊分のキャンプギアであれば、そこまでギアを厳選しなくてもサイバトロン バックパック 3Pタクティカルの中に全てパッキング出来ますし、まだまだ収納スペースにも余裕はありました。

荷物が多いキャンパーさんは収納コンテナなどと併用すれば一回で持ち運べる
荷物が多いキャンパーさんは収納コンテナなどと併用すれば一回で持ち運べる

いやいや、うちはもっと荷物が多いし、ギアのサイズも大きいよ!」などと思ったキャンパーさんも、入りきらないギアは、ワットノット ワンタッチバケットなど収納コンテナを一個プラスすれば、何回も往復せず一度でキャンプギアをサイトまで運びきることが出来ます。

むすめ。
むすめ。

荷物が多すぎると重たくて疲れるし、設営や撤収もめんどくさくなる!

おとん
おとん

バックパック内に収まる量でキャンプをした方が楽!

メリット④:拡張性が高くカスタムしやすい!

サイバトロン バックパック3Pタクティカルは拡張性が高い!
サイバトロン バックパック3Pタクティカルは拡張性が高い!

サイバトロン バックパック 3Pタクティカルは本体収納37Lサイドポーチ4L×2の計45Lほどのバックパックですが、モールシステムに対応しているため拡張すれば収納力が上がります

モールシステムに対応しているポーチなどを取り付けるだけで収納力はアップするし、自分だけのバックパックに簡単にカスタム出来ます。

上下のベルトにスリーピングマットなどを挟むことも出来ますし、入りきらないギアは外付け出来るためサイズ以上に収納力が高いバックパックです!

むすめ。
むすめ。

収納力が大幅にアップ!

おとん
おとん

つい色々取り付けたくなる!

メリット⑤:整理整頓が苦手なキャンパーさんにおすすめ!

サイバトロン バックパック3Pタクティカルは小分けに収納できる
サイバトロン バックパック3Pタクティカルは小分けに収納できる

サイバトロン バックパック 3Pタクティカルは、収納スペースが多く、小分けに収納することが出来るため、綺麗に整理整頓したいキャンパーさんにおすすめです。

一室タイプのバックパックだと、出す順番とかを考えながらパッキングしないと奥に収納したギアが取りづらくなるし、つい乱雑に収納しがちになりますが、小分けされてることで、どこに何をパッキングするか決めることが出来ます。

サイバトロン バックパック3Pタクティカルは収納スペースが多い
サイバトロン バックパック3Pタクティカルは収納スペースが多い

収納スペース内部にも色々なところに収納ポケットがついてるため、とにかくギアを細かくパッキングしたいキャンパーさんに向いてます。

おとん
おとん

どこに何を収納したか忘れない几帳面なキャンパーさん向き!

むすめ。
むすめ。

行きしなは綺麗にパッキング出来ても、帰りしは荷物が増える感じがする。

スポンサーリンク

まとめ:サイバトロン バックパック 3Pタクティカルはおすすめ!

サイバトロン バックパック3Pタクティカル レビュー まとめ
サイバトロン バックパック3Pタクティカル レビュー まとめ

今回はサイバトロン バックパック 3Pタクティカルのレビューや使い勝手などをまとめました。

ソロキャンプ用バックパックとして、サイバトロン バックパック 3Pタクティカルは人気が高く、定番のバックパックです。

モールシステムのおかげでサイズ以上に収納することが出来るし、カスタムもしやすく、一泊分のキャンプギアであれば全てパッキング出来るため、使い勝手は良いし、人気なのもうなづけます

おとん
おとん

ソロキャンプのバックパックに悩んだらサイバトロン!

サイバトロン バックパック 3Pタクティカル 5つのメリット
  • コスパが高い!
  • 雑に扱っても壊れないほど頑丈!
  • ソロキャンプに使いやすいサイズ感!
  • 拡張性が高くカスタムしやすい!
  • ポケットが多く整理整頓がしやすい!
パッキングが
楽しい

サイバトロン バックパック 3Pタクティカルを自分好みに、更に使いやすいバックパックにカスタムして、ソロキャンプを快適に楽しむことが出来るバックパックです!

おとん
おとん

パッキング出来るサイズのギアを選んでいけば、荷物がだんだん軽量化されていく!

むすめ。
むすめ。

モールシステムに対応しているバックパックが使いやすい!

初心者キャンパーさんはもちろん、ベテランキャンパーさんまで、ソロキャンプを楽しむ全てのキャンパーさんにおすすめ出来るバックパックが、サイバトロン バックパック 3Pタクティカルです。

コメント