※当サイトではアフィリエイト広告を利用しています。
キャンプギアの選び方

初心者さん必見!ソロキャンプにおすすめしたい焚き火台の選び方 ポイント10選

初心者さん必見!ソロキャンプにおすすめしたい焚き火台の選び方 ポイント10選

キャンプ=焚き火

一昔前はBBQをしにキャンプに行くキャンパーさんが多かったのですが、昨今のキャンプブームは「焚き火目的」でキャンプを楽しむキャンパーさんも多いです。

むすめ。
むすめ。

現代社会は癒しが足りない!?

焚き火ブームのおかげで、各アウトドアブランドからキャンプスタイルに合わせた小型サイズから大型サイズまで多種多様な焚き火台が星の数ほど販売されてます。

ソロキャンプで使いたい焚き火台は、持ち運びに便利な軽量な焚き火台が主流ですが、最近はデザイン性の優れた大型の焚き火台も人気です。

おとん
おとん

毎年、新しい焚き火台が続々リリースされてるし。

ソロキャンプにおすすめしたい焚き火台の選び方
  • 焚き火台の種類
  • 焚き火台の素材
  • 焚き火台の高さ
  • 焚き火台の重量
  • 組み立て・収納
  • 薪の焚べやすさ
  • 料理のしやすさ
  • 燃焼効率
  • 価格
  • デザイン
焚き火はキャンプの醍醐味

たくさんありすぎて選ぶのも大変ですし、色々と選び方のポイントも紹介していきますが、初心者さんが選ぶべき最初の一台は「焚き火も料理もしやすい焚き火台」が、なんやかんやで一番使い勝手が良くておすすめです!

おとん
おとん

ピコグリルタイプの焚き火台が特に人気!

むすめ。
むすめ。

キャンプにハマると結局2台・3台と増えていく。

この記事では、ソロキャンプにおすすめしたい焚き火台の選び方を中心に、選ぶ時のポイントや注意点などを初心者キャンパーさん向けに徹底レビューします。

スポンサーリンク
  1. ソロキャンプにおすすめしたい焚き火台の選び方①:焚き火台の種類
    1. 自然燃料で焚き火が楽しめるウッドストーブ
    2. 持ち運び便利なマルチに使えるB6サイズの焚き火台
    3. 純粋に焚き火を楽しめる焚き火特化タイプの焚き火台
    4. 焚き火も調理も楽しめるマルチタイプな焚き火台
  2. ソロキャンプにおすすめしたい焚き火台の選び方②:素材
    1. ステンレス製
    2. チタン製
  3. ソロキャンプにおすすめしたい焚き火台の選び方③:高さ
    1. 直火気分が味わえる焚き火台
    2. スタンド付き
  4. ソロキャンプにおすすめしたい焚き火台の選び方④:重量
    1. ソロキャンプは1.5kg以内の焚き火台が持ち運びしやすい!
    2. オートサイトなら重さを気にせず使える!
  5. ソロキャンプにおすすめしたい焚き火台の選び方⑤:組み立て・収納
    1. コンパクトに収納できる組み立て式
    2. 開くだけですぐに使える折りたたみ式
    3. 二次燃焼系焚き火台に多い円柱型
  6. ソロキャンプにおすすめしたい焚き火台の選び方⑥:薪の焚べやすさ
    1. 市販の薪の長さは30〜40cm
    2. 浅型の焚き火台
    3. 深型の焚き火台
  7. ソロキャンプにおすすめしたい焚き火台の選び方⑦:料理のしやすさ
    1. 火床から五徳まで高さのある焚き火台が料理しやすい!
    2. 五徳のない焚き火台はトライポッドや五徳が別途必要!
    3. 耐荷重の高い焚き火台はダッチオーブンもOK!
  8. ソロキャンプにおすすめしたい焚き火台の選び方⑧:燃焼効率
    1. 煙突効果
    2. 二次燃焼
  9. ソロキャンプにおすすめしたい焚き火台の選び方⑨:価格
    1. 高いから長く使えるとは限らない。
    2. 有名焚き火台を真似たリーズナブルな焚き火台も多い!
  10. ソロキャンプにおすすめしたい焚き火台の選び方⑩:デザイン
    1. ガレージブランドの焚き火台はおしゃれ!
    2. 最後は自分が気に入ったデザインの焚き火台を選ぶ
  11. まとめ:ソロキャンプにおすすめしたい焚き火台

ソロキャンプにおすすめしたい焚き火台の選び方①:焚き火台の種類

ソロキャンプにおすすめしたい焚き火台の選び方①:焚き火台の種類
ソロキャンプにおすすめしたい焚き火台の選び方①:焚き火台の種類

ソロキャンプ向けの焚き火台は、持ち運びしやすい軽量・コンパクトなタイプから、純粋に焚き火を楽しむための焚き火台、焚き火も料理も楽しみたい焚き火台など、キャンプスタイルによって選ぶべき焚き火台は変わってきます。

焚き火台ウッドストーブB6サイズ 焚き火台焚き火特化タイプマルチタイプ
サイズ小型タイプが多い収納サイズがほぼB6薪をカットせずともOK幅40cmくらいが使いやすい
料理湯沸かし目的1人BBQが楽しめるサイズ五徳やトライポッドが必要火床から五徳まで高さがあると料理しやすい
焚き火小枝や枯れ木など自然燃料サイズに合わせてカットが必要色々な薪の組み方で焚き火が出来る横並べに焚べるタイプが多い

まずは、それぞれの焚き火台の特徴などからまとめてレビューします。

自然燃料で焚き火が楽しめるウッドストーブ

ユニフレーム ネイチャーストーブ ディティール
画像出典:楽天市場
ユニフレーム ネイチャーストーブ ディティール
画像出典:楽天市場
製品名ユニフレーム ネイチャーストーブユニフレーム ネイチャーストーブ ラージ
使用時サイズ140×140×H160mm210×235×H250mm
収納サイズ130×130×15mm205×215×45mm
重量320g1.2kg
素材ステンレス鋼(メッシュ部のみ耐熱鋼)ステンレス鋼(メッシュ部のみ耐熱鋼)

ウッドストーブは、キャンプ場に落ちてる小枝や枯れ木、松ぼっくりなどの自然素材を燃料にして焚き火が楽しめます。

むすめ。
むすめ。

ネイチャーストーブとも呼ばれてる!

湿った自然燃料を使っても簡単に着火や焚き火が出来るよう燃焼効率が優れた設計となっており、比較的小型でコンパクトなタイプの焚き火台が多いです。

おとん
おとん

自然の燃料を使うから燃料代は無料タダ

ユニフレーム ネイチャーストーブ 着火方法
画像出典:楽天市場
ユニフレーム ネイチャーストーブ ラージ
画像出典:楽天市場
特徴とメリット
  • 燃焼効率が高い
  • 燃料代が無料
  • 軽量・コンパクト
  • 着火が簡単
  • 組み立て・収納も簡単
注意点とデメリット
  • 燃焼効率が良すぎる
  • 燃料を細かくする必要がある
  • 小型タイプは湯沸かしがメイン
  • 炎を育てる楽しみは少ない

小型タイプのウッドストーブは焚き火を楽しむというよりかは、ガスストーブの代わりに湯沸かしなどコンロ代わりに使うのがメインな使い方とはなりますが、「ユニフレーム ネイチャーストーブ ラージ」のような大型のウッドストーブであれば、焚き火も料理も楽しめます。

むすめ。
むすめ。

サブの焚き火台や夏キャンプ向けの焚き火台としてウッドストーブは優秀!

持ち運び便利なマルチに使えるB6サイズの焚き火台

製品名笑’s コンパクト焚き火グリル B-6君キャプテンスタッグ カマド スマートグリル B6型
使用時サイズ215×122×H165mm200×125×H180mm
収納サイズ181×122×H18mm240×180×35mm
重量500g760g
耐荷重10kg
材質0.6mm厚ステンレス・リベットステンレス鋼

B6サイズの焚き火台は、収納した時のサイズがほぼB6128×182mm)と同じくらいの大きさの小型焚き火台です。

焚き火台としてだけでなく、BBQグリル五徳としてなど2way・3wayとして使えるタイプも多く、持ち運びしやすいサイズなためソロキャンパーさんに人気が高いです。

おとん
おとん

B6だと小さいなと感じるなら、B5・A4などサイズアップした焚き火台も売ってる!

キャプテンスタッグ カマド スマートグリル B6型でBBQ
画像出典:楽天市場
キャプテンスタッグ カマド スマートグリル B6型 焚き火
画像出典:楽天市場
特徴とメリット
  • 燃焼効率が高い
  • 収納サイズがコンパクト
  • ひとり焼肉が楽しめる
  • ミニ焚き火も楽しめる
  • オプションパーツが多い
注意点とデメリット
  • 燃焼効率が良すぎる
  • 燃料を細かくする必要がある
  • サイズが小さい

B6サイズの焚き火台は、ゆるキャン△でもお馴染みの「笑’s コンパクト焚き火グリル B-6君」が有名ですが、キャプテンスタッグから販売されてる「カマド スマートグリル B6型」もコスパが良いため、初心者キャンパーさんに人気です。

むすめ。
むすめ。

どっちの焚き火台もオプションパーツが多いから、自分が使いたい焚き火台にカスタム出来る!

純粋に焚き火を楽しめる焚き火特化タイプの焚き火台

製品名ウルフアンドグリズリー ファイヤーセーフバンドック 焚火スタンド ハンディ
使用時サイズ286mm×278mm×H105mm410×410×345mm
収納サイズ292mm×105mm×20mmφ90×460mm
重量910g1kg
素材ステンレススチールステンレス

焚き火特化タイプの焚き火台は、純粋に焚き火を楽しむためだけに作られたシンプルな焚き火台が多いです。

燃焼効率を上げるために火床がメッシュになったタイプや、直火気分が味わえる火床の高さが低い焚き火台もあります。

おとん
おとん

メッシュタイプは消耗品だし、穴があいたら交換が必要!

ウルフアンドグリズリー ファイヤーセーフ
画像出典:楽天市場
バンドック 焚火スタンド ハンディ
画像出典:楽天市場
特徴とメリット
  • 純粋に焚き火を楽しめる
  • 薪の組み方が自由
注意点とデメリット
  • 料理するには五徳やトライポッドが必要
  • 風に弱い
  • ロータイプは芝生が焦げる
  • メッシュは交換が必要

色々な薪の組み方が出来るおかげで炎を育てる楽しみは一番高いのですが、料理するには別途五徳やトライポッドなどが必要となってくるため、ある程度キャンプや焚き火に慣れてから選ぶことをおすすめします。

むすめ。
むすめ。

初心者さんの初めての一台って感じではない。

うちもある程度キャンプを楽しんでから、やっぱり直火気分で焚き火を楽しみたいってことで「ウルフアンドグリズリー ファイヤーセーフ」を購入しましたが、使い方は限定されるため初心者さん向けな焚き火台ではなかったです。

おとん
おとん

楽しさがわかるには経験も必要!

ウルフアンドグリズリー(Wolf & Grizzly)

焚き火も調理も楽しめるマルチタイプな焚き火台

製品名ピコグリル 398ピコグリル 760
使用時サイズ380×250×H250mm540×380×H270mm
収納サイズ335×235×10mm450×300×25mm
重量495g740g
材質ステンレス鋼ステンレス鋼

マルチタイプな焚き火台は、五徳や網などがセットになった焚き火も調理も楽しめる焚き火台です。

火床から五徳まで高さのある焚き火台であれば火力の調整もしやすいため焚き火調理もはかどりますし、網付きな焚き火台であれば焚き火だけでなくBBQも楽しめます。

むすめ。
むすめ。

マルチに使えるから初めて焚き火台としてもおすすめ!

ピコグリル398
ピコグリル398
特徴とメリット
  • 焚き火が楽しめる
  • 料理も楽しめる
注意点とデメリット
  • 薪の組み方の自由度が少ない
  • デザインによっては重たい

マルチタイプな焚き火台の中でも特に「ピコグリル398」の人気が高く、似たようなデザインの「パチグリル」と呼ばれてる焚き火台も多く販売されてます。

他にも五徳付きや網付きの料理も楽しめる焚き火台も多く販売されてるため、焚き火台の中では一番種類も数も多く、初心者〜ベテランキャンパーさんまで愛されてる人気の焚き火台です。

おとん
おとん

マルチに使えるから結果的に荷物も減る!

むすめ。
むすめ。

迷ったらマルチタイプの焚き火台!

PICOGRILL(ピコグリル)

ソロキャンプにおすすめしたい焚き火台の選び方②:素材

ソロキャンプにおすすめしたい焚き火台の選び方②:素材
ソロキャンプにおすすめしたい焚き火台の選び方②:素材

焚き火台の素材は主にステンレスチタンです。

ステンレス
  • 頑丈
  • サビにくい
  • 種類が多い
  • 耐熱温度:700〜800度
チタニウム
  • 軽量
  • 頑丈
  • サビにくい
  • 耐熱温度:1660度
  • チタンブルーに変色
  • 高価

たまに鉄製もあったりしますが重たいのでそこまで数が多くはなく、この二つの素材で作られた焚き火台が多いです。

ステンレス・チタンそれぞれの素材を使った焚き火台の特徴などをまとめてレビューします。

ステンレス製

製品名バンドック ロータス BD-499バンドック ロータス プラス BD-467
使用時サイズ370×370×H310mm370×370×H330mm
収納サイズ330×270×40mm360×250×40mm
重量1kg1.55kg
材質ステンレス鋼ステンレス鋼

焚き火台の中で一番種類が多いのが耐久性も高く熱にも強いステンレスで作られた焚き火台です。

むすめ。
むすめ。

800度まで耐えれる!

そこまで高価な素材でもないし加工もしやすい素材のため、色々なデザインの焚き火台が販売されてますし、自分の使い勝手にあった一台を選べます。

おとん
おとん

特に素材にこだわらなければ基本ステンレス一択!

バンドック ロータス 焚き火台
画像出典:楽天市場
バンドック ロータスプラス 焚き火台
画像出典:楽天市場

厚みのあるステンレスの焚き火台であれば10年近く使うことも出来ますし、手入れもしやすい素材のため特に気にせずガンガン使って焚き火が楽しめます。

むすめ。
むすめ。

チタンよりかは重たいけど、薄い軽量焚き火台も多い!

チタン製

製品名テンマクデザイン 男前ファイアグリルベルモント 焚き火台 TABI
使用時サイズ250×200×H150mm237×360×H170mm
収納サイズ310×165×15mm178×360×15mm
重量493g478g
耐荷重4kg15kg
材質オールチタン本体:チタニウム・スタンド:ステンレス

チタンは加工が難しく高級な素材ではありますが、ステンレスよりも更に耐熱温度が高く1660度)、軽量なため持ち運びもしやすいです。

ステンレスと比べると焚き火台の種類も少ないしお値段もお高めなのですが、荷物の軽量化を求めてるキャンパーさんに人気が高い素材です。

おとん
おとん

同じデザインの焚き火台であればチタンの方が軽い!

テンマクデザイン 男前ファイアグリル
画像出典:楽天市場
ベルモント 焚き火台 TABI
画像出典:楽天市場

テンマクデザイン 男前ファイアグリルのようなオールチタンで作られた焚き火台もあれば、ベルモント TABIのように火床など一部にチタンが使われている焚き火台もあったりします。

チタン製焚き火台は火入れすることでチタンブルーと呼ばれる美しい変色が起きますし、使うほど良い味が出てくるのも魅力です。

むすめ。
むすめ。

チタンって響きがかっこいい!

ソロキャンプにおすすめしたい焚き火台の選び方③:高さ

ソロキャンプにおすすめしたい焚き火台の選び方③:高さ
ソロキャンプにおすすめしたい焚き火台の選び方③:高さ

焚き火台は高さによっても使い勝手は変わってきます。

高さのあるチェアに座って焚き火をするなら、スタンド付きのある程度高さのある焚き火台を使った方が腰を痛めずに済みますし、直火感覚で焚き火を楽しみたいなら地面までの距離が短い焚き火台がおすすめです。

高さによって焚き火台にどんな違いがあるのかなどをまとめてレビューします。

直火気分が味わえる焚き火台

製品名TAKIBISM リアル ファイヤースタンド ジカビ SサイズTAKIBISM リアル ファイヤースタンド ジカビ MサイズTAKIBISM リアル ファイヤースタンド ジカビ Lサイズ
使用時サイズφ310×H56mmφ400×H70mmφ500×H80mm
パンの直径φ230mmφ270mmφ310mm
本体重量720g1.15kg2.0kg
材質ステンレスステンレスステンレス
TAKIBISM リアル ファイヤースタンド ジカビ サイズ比較

昨今は「ローインパクト」が叫ばれてる時代でもあるため、直火禁止なキャンプ場も増えてきましたが、やっぱり直火OKなキャンプ場で焚き火をするのは楽しいです。

火床までの距離が低いロースタイルな焚き火台は直火気分で焚き火を楽しみたいキャンパーさんにおすすめな焚き火台です。

おとん
おとん

直火ならではの自由さが楽しめる!

TAKIBISM リアル ファイヤースタンド ジカビ Sサイズ
画像出典:楽天市場
TAKIBISM リアル ファイヤースタンド ジカビ Mサイズ
画像出典:楽天市場

直火気分が楽しめる焚き火台は地面までの距離が近すぎるため、焚き火シート(スパッタシート)がないと結局地面にダメージを与えてしまうため必須です。

ただ、地面との距離が近いだけで直火気分で焚き火が楽しめますし、薪の組み方によって炎の形も変わってくるため、純粋に焚き火を楽しむことが出来ます。

むすめ。
むすめ。

シンプルな焚き火台ほど楽しい!

スタンド付き

製品名ユニフレーム ファイアグリル soloユニフレーム ファイアグリル
使用時サイズ295×295×H180mm430×430×H330mm
収納サイズ210×210×50mm375×375×70mm
重量900g2.7kg
耐荷重5kg20kg
材質本体:ステンレス・スタンド:鉄本体:ステンレス・スタンド:鉄

スタンド付きの焚き火台は地面から火床まで距離があればあるほど、地面へのダメージを軽減することが出来ますし、チェアに座って焚き火をするのにもしやすい高さになります。

おとん
おとん

焚き火台によってもスタンドの高さは様々!

ユニフレーム ファイアグリル solo
画像出典:楽天市場
ユニフレーム ファイアグリル
画像出典:楽天市場

ロースタイルでキャンプを楽しむのかロースタイルでキャンプを楽しむかによっても高さ選びは変わってきますが、中には焚き火台を吊り下げるタイプがあるなど種類も様々です。

むすめ。
むすめ。

高さがある方が地面へのダメージは少ない!

ユニフレーム(UNIFLAME)

ソロキャンプにおすすめしたい焚き火台の選び方④:重量

ソロキャンプにおすすめしたい焚き火台の選び方④:重量
ソロキャンプにおすすめしたい焚き火台の選び方④:重量

ソロキャンプで使用する焚き火台選びは重量も大切です。

車で行くかバイクで行くかでも持って行く焚き火台は変わりますし、キャンプ場によってはソロキャンプ用サイトが駐車場から歩かないといけない所も多いです。

むすめ。
むすめ。

重たいと持ち運びが大変。

焚き火台もウッドストーブであれば軽くてコンパクトなため持ち運びもしやすいし、フルサイズの焚き火台でも500gを切るような軽量な焚き火もたくさん販売されてます。

ソロキャンプは1.5kg以内の焚き火台が持ち運びしやすい!

ソロキャンプは1.5kg以内の焚き火台が持ち運びしやすい!
ソロキャンプは1.5kg以内の焚き火台が持ち運びしやすい!

キャンプは焚き火台だけでなく、テントやチェア・テーブルなど他にも持っていく荷物はたくさんあります。

焚き火台はデザインやサイズによっては嵩張りますし、ザックの中にも入らない焚き火台も多いため、ソロキャンプであれば出来るだけ軽くてコンパクトなサイズがおすすめです!

おとん
おとん

駐車場からサイトまで遠いと持ち運ぶのもしんどいし。

むすめ。
むすめ。

ソロキャンプは全て1人でしないといけないし、軽量・コンパクトが使いやすい!

オートサイトなら重さを気にせず使える!

製品名スノーピーク 焚火台 Sスノーピーク 焚火台 Mスノーピーク 焚火台 L
使用時サイズ285×285×H205mm350×350×H248mm455×455×H315mm
収納サイズ355×410×20mm450×515×27mm560×640×32mm
重量1.8kg3.5kg5.5kg
材質ステンレスステンレスステンレス

ソロキャンプ向けの焚き火台は軽量タイプが多いのですが、デザイン性にこだわった焚き火台やファミリーサイズの焚き火台をソロキャンプ用に流用するとサイズが大きくなり重たくなってしまいます。

普段キャンプは車で行くし、横付けできるオートサイトでしかキャンプをしないのであれば、特に重さもサイズも気にすることなくキャンプは出来ます。

おとん
おとん

ただ、オートサイトは宿泊料も高い。

スノーピーク 焚火台 サイズ比較
画像出典:楽天市場
スノーピーク 焚火台 M
画像出典:楽天市場

スノーピーク 焚火台は、分厚いステンレスを使っているため10年単位で使えるタフな焚き火台ではありますが、頑丈なだけあってSサイズでも1.8kgと重たいです。

むすめ。
むすめ。

Lサイズになると5.5kg

ただ、オートサイトであれば車に入れっぱなしにも出来ますし車から降ろすだけ使えるため、あまり重さは気にせずとも持ち運びが出来ます。

おとん
おとん

オートサイトでしか使わないなら焚き火台の選択肢も増える!

ソロキャンプにおすすめしたい焚き火台の選び方⑤:組み立て・収納

ソロキャンプにおすすめしたい焚き火台の選び方⑤:組み立て・収納
ソロキャンプにおすすめしたい焚き火台の選び方⑤:組み立て・収納

ソロキャンプは設営や撤収を全てひとりで行わないといけないため、組み立てや片付けが簡単に出来る焚き火台の方が無駄な時間を短縮出来ますし、チェックアウトまでの時間もバタバタせずに済みます。

むすめ。
むすめ。

ソロキャンプは自由だけど、めんどくさいのは嫌。

基本、ソロキャンプ向けの焚き火台は簡単に組み立てや収納が出来るように設計はされてますが、あまりパーツが多すぎても無くしてしまうリスクも上がるし考えものです。

コンパクトに収納できる組み立て式

製品名笑’s コンパクト焚き火グリル B-6君笑’s コンパクト焚き火グリル B-GO笑’s 焚き火グリル A-4君
使用時サイズ215×122×H165mm303×176×H240mm365×206×H290mm
収納サイズ181×122×H18mmW256×D176×H20mm292×206×H20mm
重量(本体)500g1,150g1,900g
材質ステンレスステンレスステンレス

組み立て式の焚き火台は、全部パーツをばらすことでコンパクトに収納出来ます。

B6君など笑’sの焚き火台は、「B6君=B6サイズ」・「B-GO=B5サイズ」・「A4君=A4サイズ」などと、名前に合わせて収納サイズが選べます。

おとん
おとん

100均で買えるビニールネットケースを収納ケースに代用出来る!

笑's コンパクト焚き火グリル B-6君 組み立て・収納
画像出典:楽天市場
笑's コンパクト焚き火グリル B-GO 組み立て・収納
画像出典:楽天市場

パーツが多いため無くさないように注意が必要とはなりますが、組み立て式の焚き火台は基本コンパクトに収納出来ますし、笑’sだけでなくピコグリル系の焚き火台もA4サイズと薄くコンパクトに収納することが出来ます。

開くだけですぐに使える折りたたみ式

製品名UCO フラットパックグリル SUCO フラットパックグリル MUCO フラットパックグリル L
使用時サイズ241×178×H203mm340×254×H285mm510×410×H375mm
収納サイズ270×180×30mm375×270×35mm510×410×50mm
重量832g1.75kg4.3kg
耐荷重6.8kg9kg13.5kg
材質ステンレスステンレスステンレス

折りたたみ式(フォールディングタイプ)の焚き火台は、「開くだけ」・「閉じるだけ」と、使いたい時にすぐに使えるのが魅力です。

むすめ。
むすめ。

組み立てすらめんどくさいと考えてるズボラキャンパーさん向け。

UCO フラットパックグリル
画像出典:楽天市場
UCO フラットパックグリル ディティール
画像出典:楽天市場

組み立て式の焚き火台と比べると収納サイズが大きくはなってしまいますが、手を真っ黒にしながら汚れた焚き火台を組み立てたり片付けたりするよりかは楽に使えます。

二次燃焼系焚き火台に多い円柱型

製品名BP ウッドバーニングストーブ STV-11ソロ BP ウッドバーニングストーブ STV-12
使用時サイズφ105×H205mmφ94×H183mm
収納サイズφ105×H105mmφ94×H94mm
重量225g151g
材質チタンチタン
TOAKS(トークス)BP ウッドバーニングストーブ サイズ比較

円柱型タイプの折りたたみが出来ない焚き火台は二次燃焼系の焚き火台の多いです。

余計なつなぎ目とがないおかげで耐久性が高くいのですが、折りたたむことが出来ないため持ち運ぶ時にどうしても嵩張ってしまいます。

むすめ。
むすめ。

大型サイズになると車が絶対必須!

TOAKS ウッドバーニングストーブ
画像出典:楽天市場
TOAKS ウッドバーニングストーブ 燃焼の仕組み
画像出典:楽天市場

特に二次燃焼に興味がなければ、わざわざ持ち運ぶのがめんどくさい円柱型の焚き火台を選ぶ理由はないのですが、二次燃焼に興味が出てきたら綺麗な炎が楽しめますし、小型サイズの焚き火台であればスタッキングも楽しめます

ソロキャンプにおすすめしたい焚き火台の選び方⑥:薪の焚べやすさ

ソロキャンプにおすすめしたい焚き火台の選び方⑥:薪の焚べやすさ
ソロキャンプにおすすめしたい焚き火台の選び方⑥:薪の焚べやすさ

焚き火台は薪の焚べやすさも大事です。

小さいサイズの焚き火台だと薪をノコギリを使ってカットしてからでないと使えませんが、意外とノコギリでカットする作業は地味にしんどいです。

むすめ。
むすめ。

量が多いと腕がパンパン。

薪をカットせずともそのまま置けるサイズの焚き火台であれば、そのまま焚べることが出来ますし格段に焚き火も楽になります。

市販の薪の長さは30〜40cm

市販の薪の長さは30〜40cm
市販の薪の長さは30〜40cm

市販の薪の長さは30〜40cmほどです。

横幅が40cm前後の焚き火台であれば薪をカットせずともそのまま置くことが出来るサイズのため、特に初心者キャンパーさんは横幅サイズをポイントに選ぶと楽に焚き火が楽しめます

おとん
おとん

人気のピコグリル398は横幅38cm!

むすめ。
むすめ。

40cm前後の焚き火台を選べば間違いない!

浅型の焚き火台

製品名コールマン ファイアーディスクコールマン ファイアーディスクコールマン ファイアーディスク マックス
使用時サイズφ30×H16cmφ45×H23cmφ60×H23cm
収納サイズφ32×10cmφ46×8.5cmφ60×10cm
重量900g1.6kg3.2kg
耐荷重25kg30kg30kg
材質ステンレスステンレス

純粋に焚き火や火いじりを楽しみたいキャンパーさんは浅型の焚き火台の方が使いやすいです。

炎が焚き火台で隠れてしまうことがないためじっくりとを眺めることが出来ますし、薪の追加や組み直しもしやすいため火加減の調整もしやすいです。

コールマン ファイアーディスクは焚き火をしやすい円形
画像出典:楽天市場
コールマン ファイアーディスクは脚しか折りたためない
画像出典:楽天市場

コールマン ファイアーディスクは浅型の焚き火台として人気も高く、脚を開くだけですぐに使えますし、通常サイズであればφ45cmあるおかげで薪をカットせずとも焚べることが出来ます。

ただ、浅型の焚き火台は風の影響を受けやすく火の粉も飛び散りやすいため、状況によっては風防(ウインドスクリーン)が別途必要です。

深型の焚き火台

製品名テンマクデザイン フラット焚火台 Mテンマクデザイン フラット焚火台 L
使用時サイズ325×325×H195mm418×418×H226mm
収納サイズ500×260×35mm528×387×35mm
重量2.5kg4.18kg
耐荷重8kg10kg
材質ステンレス430ステンレス430

ガンガンと薪を放り込むことが出来る深型タイプの焚き火台は、燃焼スペースが深く覆われたタイプとなっているため、浅型と違い火の粉が飛び散る量も少なく、高火力で焚き火が楽しめます

焼き網や五徳をセットすれば調理も楽しめるため、焚き火も調理も楽しみたいキャンパーさんに向いている焚き火台です。

テンマクデザイン フラット焚き火台 サイズ比較

出典:tent-Mark DESIGNS

サイズ的に深型の焚き火台は重ためなタイプが多く、炎の鑑賞にも向いてはいないのですが、側面にデザイン模様をつけたおしゃれな焚き火台もガレージブランドから多く販売されてます。

tent-Mark DESIGNS(テンマクデザイン)

ソロキャンプにおすすめしたい焚き火台の選び方⑦:料理のしやすさ

ソロキャンプにおすすめしたい焚き火台の選び方⑦:料理のしやすさ
ソロキャンプにおすすめしたい焚き火台の選び方⑦:料理のしやすさ

焚き火台は、純粋に焚き火だけを楽しめるタイプから焚き火も調理も楽しめる焚き火台など様々なデザインがありますが、なるべく荷物を減らしたいソロキャンプであれば料理がしやすい焚き火台を選んだ方が荷物は減ります。

むすめ。
むすめ。

焚き火調理はBBQ調理とはまた違う楽しさ!

薪を使う焚き火調理よりかは炭を使ったバーベキューの方が料理はしやすいのですが、料理しやすい焚き火台であれば薪でも美味しく焚き火調理が楽しめます!

おとん
おとん

炭の方が火力は安定!

火床から五徳まで高さのある焚き火台が料理しやすい!

製品名キャプテンスタッグ ソロライトグリルベルモント 焚き火台 TOKOBI
使用時サイズ415×240×H230mm415×460×H320mm
収納サイズ380×300×20mm260×460×60mm
重量950g2.2kg
材質ステンレス鋼ステンレス

焚き火調理をするなら火床から五徳まで高さのある焚き火台を使った方が調理はしやすいです。

焚き火は火力コントロールが難しいため、火床から五徳までの距離が近すぎると常に強火状態となりすぐに焦げてしまうし、中々上手に調理をすることが難しいです。

むすめ。
むすめ。

高さがあった方が火力コントロールがしやすい!

キャプテンスタッグ ソロライトグリル
画像出典:楽天市場
ベルモント 焚き火台 TOKOBI
画像出典:楽天市場

キャプテンスタッグ ソロライトグリル」や「ベルモント 焚き火台 TOKOBI」のように五徳の高さを変更出来る焚き火台であれば、火力によって高さを変更出来るため更に調理はしやすくなります。

CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ)

五徳のない焚き火台はトライポッドや五徳が別途必要!

トライポッドを使った焚き火調理
トライポッドを使った焚き火調理
五徳を使った焚き火調理
五徳を使った焚き火調理

直火気分を味わえる焚き火台やメッシュ系の焚き火に特化したタイプの焚き火台は五徳がついてないため、料理向きではありません。

五徳のない焚き火台で調理をしたい場合は薪の組み方で五徳を作ったり、別途トライポッドや五徳が必要です。

おとん
おとん

例え焚き火台が軽くても結局荷物が増える。

吊り下げ調理をブッシュクラフトで作ることも可能
吊り下げ調理をブッシュクラフトで作ることも可能

ブッシュクラフトが楽しめようなキャンプ場であれば、トライポッドや五徳がなくても自分で作ることも出来ますし、なきゃないでどうにかなるもんですが、初心者キャンパーさんはまずは五徳付きの料理しやすい焚き火台の方が使い勝手は高いです。

耐荷重の高い焚き火台はダッチオーブンもOK!

製品名ユニフレーム 薪グリル soloユニフレーム 薪グリルユニフレーム 薪グリル ラージ
使用時サイズ205×180×H185mm475×300×H350m680×400×H400mm
収納サイズ135×210×65mm250×455×65mm355×560×80mm
重量1.1kg3.6kg4.6kg
耐荷重10kg10kg20kg
材質ステンレス鋼ステンレス鋼ステンレス鋼

焚き火台によっては「耐荷重」が記載されてます。

耐荷重が高い焚き火台ほど頑丈な証でもあるのですが、全部の焚き火台に必ず記載されてるとは限りません。

むすめ。
むすめ。

記載されてない焚き火台の方が多い。

ユニフレーム 薪グリルはダッチオーブンも置ける耐荷重
画像出典:楽天市場
ユニフレーム 薪グリルと薪グリル ラージ サイズ比較
画像出典:楽天市場

耐荷重の高い焚き火台であれば「ダッチオーブン」など重たい調理器具を使って焚き火調理することも出来ますし、薪をガンガン突っ込んでも崩壊する心配が減ります。

UNIFLAME(ユニフレーム)

ソロキャンプにおすすめしたい焚き火台の選び方⑧:燃焼効率

ソロキャンプにおすすめしたい焚き火台の選び方⑧:燃焼効率
ソロキャンプにおすすめしたい焚き火台の選び方⑧:燃焼効率

焚き火台は燃料をしっかりと燃やすために、基本燃焼効率が良くなるように設計されてます。

特にウッドストーブ系の焚き火台は自然に落ちてる燃料を使うため、例え湿っていてもしっかりと燃えるように煙突効果二次燃焼の仕組みを利用してよく燃えるように設計されてます。

なぜ、燃焼効率が上がるのか煙突効果や二次燃焼の仕組みなどをまとめてレビューします。

煙突効果

煙突効果の仕組み
煙突効果の仕組み

煙突効果は浮力の作用を利用した冷たい空気を下から取り入れて温められた空気を上に排出する現象のことです。

暖かい空気はどんどん上に浮上しますが、下から冷たい空気を取り込むことで更によく燃えて燃焼効率をアップさせます。

ファイヤーボックス ストーブ GEN2 煙突効果
画像出典:楽天市場
VARGO ヘキサゴンウッドストーブ
画像出典:楽天市場
製品名ファイヤーボックス ストーブ GEN2VARGO ヘキサゴンウッドストーブ チタン T-415
使用時サイズ127×H190mm76(上部)×127(底部)×H101mm
収納サイズ95mmφ132×H12mm
重量907g116g
材質ステンレスチタン

煙突効果を利用した焚き火台は下部に空気を取り込むためのロストルが設置されており、煙突効果の仕組みを利用し小さなサイズでも高火力で焚き火が楽しめるように作られてます

おとん
おとん

設計自体は単純だけどよく燃える!

二次燃焼

二次燃焼の仕組み
二次燃焼の仕組み

二次燃焼を簡単に言うと「煙まで燃やす焚き火台」です。

二次燃焼系焚き火台は、中が空洞になった壁が二重構造になっており、温められた空気が煙まで燃やしてくれるおかげで煙の量が少なく、通気孔から綺麗な炎が吹き出します

おとん
おとん

独特のトルネード状の炎!

むすめ。
むすめ。

燃焼効率も高いから灰になるまでしっかりと燃える!

ソロストーブ ライト 二次燃焼の仕組み

出典:UPI OUTDOOR
製品名ソロストーブ ライトソロストーブ タイタンソロストーブ キャンプファイヤーソロストーブ レンジャーキットソロストーブ ボンファイヤーキットソロストーブ ユーコンキット
使用時サイズ108×145mm130×200mm178×235mm381×317.5mm483×358mm686×406mm
収納時(高さ)100mm140mm170mm317.5mm356mm406mm
重量255g467g998g6.8kg9.1kg17.2kg
外観ソロストーブ ライトソロストーブ タイタンソロストーブ キャンプファイヤーソロストーブ レンジャーキットソロストーブ ボンファイヤーキットソロストーブ ユーコンキット

二次燃焼焚き火台の定番と言えば「ソロストーブ」です。

折りたたむことが出来ない円柱型ではありますが綺麗な二次燃焼の炎が楽しめますし、サイズも豊富にあるため、自分のキャンプスタイルに合わせた一台を選べます。

おとん
おとん

ソロキャンプならライトかキャンプファイヤーがおすすめ!

むすめ。
むすめ。

レンジャーキット以上のサイズになると車がないと運べない。

Solo Stove(ソロストーブ)

ソロキャンプにおすすめしたい焚き火台の選び方⑨:価格

ソロキャンプにおすすめしたい焚き火台の選び方⑨:価格
ソロキャンプにおすすめしたい焚き火台の選び方⑨:価格

焚き火台の価格はピンキリです。

キャンプ道具を揃えるにも焚き火台以外に色々と費用は掛かるため、お財布と相談しながら焚き火台も選ぶようにしましょう!

おとん
おとん

リーズナブルな焚き火台もたくさん売ってる!

高いから長く使えるとは限らない。

焚き火台は消耗品だし割れたり汚れる
焚き火台は消耗品だし割れたり汚れる

焚き火台の価格はピンキリですが、高級だから長持ちするとは限りません。

分厚くて重たい焚き火台であれば10年単位で使うことが出来ますが、軽量化に特化した焚き火台であれば極限までステンレスを薄く加工しているため、金属疲労でだんだんと割れてきます。

パーツ交換が出来る焚き火台であれば壊れたパーツだけ買い直せばOKですが、アフターサービスがない焚き火台や既にサ終した焚き火台は新しく買い替えとなってしまいます。

おとん
おとん

高いから耐久性が高いわけではない。

有名焚き火台を真似たリーズナブルな焚き火台も多い!

製品名TOKYO CAMP 焚き火台CARBABY 焚き火台 コンパクト
使用時サイズ402×212×H268mm390×230×H270mm
収納サイズ320×220mm340×240×10mm
重量985g575g
材質ステンレスステンレス

焚き火台の中には有名焚き火台をモチーフにして作られた焚き火台も多く販売されてます。

ピコグリルに似た焚き火台は「パチグリル」とも呼ばれており、本家よりも格段にリーズナブルに作られてるため、Amazonとかで常に売上ランキング上位に位置してます。

他にも有名焚き火台をパチった焚き火台は多く販売されてますが、中には粗悪品も多く販売されてるため安さだけで選ぶと結局は安物買いの銭失いに陥ってしまうこともあります・・。

むすめ。
むすめ。

リーズナブルだからおすすめとは言えない。

ソロキャンプにおすすめしたい焚き火台の選び方⑩:デザイン

ソロキャンプにおすすめしたい焚き火台の選び方⑩:デザイン
ソロキャンプにおすすめしたい焚き火台の選び方⑩:デザイン

焚き火台選びで1番大事なのは結局デザインです!

キャンプは所詮趣味のお遊びだし、自分が気に入ったデザインの焚き火台を選べば満足感も高いし、多少使い勝手が悪かろうが納得出来ます。

むすめ。
むすめ。

最後は自己満足な世界!

流行りの焚き火台はもちろん、キャンプなんてギアの品評会みたいなところもあるため、他人の目が気になるキャンパーさんほどデザインで選んだ方が満足感は高いです(笑)

ガレージブランドの焚き火台はおしゃれ!

製品名モノラル ワイヤフレーム ソリッドMANIKA TAKIBI-STATION-FULL SET
使用時サイズ370×370×H275mm735×365×H325mm
収納サイズ70×90×260mm焚き火台:430×60×60mm・サイドテーブル:380×365×325mm
本体重量1050g焚き火台:700g・サイドテーブル:1600g
材質アルミ合金/ステンレスステンレス

おしゃれキャンパーを目指しているなら、ガレージブランドの焚き火台もおすすめです。

生産数が少ないため、それなりに勉強しないといけないお値段ですが、デザイン性が優れた焚き火台も多く、オリジナル感溢れる個性的な焚き火台をゲット出来ます

むすめ。
むすめ。

インスタ映え向き!

おとん
おとん

人気な焚き火台ほど手に入れるのが難しい。

ガレージブランドもどんどん増えてますし、機能的なテーブルも多く販売されてるため、人とは違った焚き火台を探してるキャンパーさんにも人気です!

おとん
おとん

自分好みのテーブルをCheck!

最後は自分が気に入ったデザインの焚き火台を選ぶ

最後は自分が気に入ったデザインの焚き火台を選ぶ
最後は自分が気に入ったデザインの焚き火台を選ぶ

なんやかんや言いましたが、最後焚き火台選びで一番大事なのはデザインです。

最初に妥協してしまうと結局買い替えとなってしまい無駄な出費が増えるだけだし、趣味なんだから気に入った焚き火台を選ぶのがやっぱり一番納得いきます!

むすめ。
むすめ。

安物買いの銭失い。

今はインスタで気軽に他人のキャンプスタイルを覗き見出来ます。

気に入ったスタイルがあればすぐに真似出来ますし、気になった焚き火台があるのであればどう使ってるのかもすぐにチェック出来るので焚き火台選びの参考にもしやすい時代です。

おとん
おとん

アウトドアショップで実物もチェックしやすいし!

スポンサーリンク

まとめ:ソロキャンプにおすすめしたい焚き火台

ソロキャンプにおすすめしたい焚き火台の選び方 まとめ
ソロキャンプにおすすめしたい焚き火台の選び方 まとめ

今回はソロキャンプにおすすめしたい焚き火台の選び方をまとめてレビューしました。

色々なメーカーからたくさんの焚き火台が販売されてるからこそ悩んでしまいますが、その悩んでる時が実は一番キャンプの楽しい時間でもあります(笑)

ある程度キャンプに慣れてくると自分のキャンプスタイルもわかってくるし、選ぶべき焚き火台もわかってくるのですが、始めたばかりの頃にあれこれ悩んでた時が結局は一番楽しかったです。

おとん
おとん

なんだかんだいっぱい失敗したし。

むすめ。
むすめ。

手に入れるまでが一番ワクワク!

この記事のまとめ
  • 焚き火台の種類:ウッドストーブ・B6サイズ焚き火台・焚き火特化タイプ・マルチタイプ
  • 焚き火台の素材:ステンレスorチタン
  • 焚き火台の高さ:直火気分が楽しめる焚き火台やローインパクトなスタンド付き焚き火台
  • 焚き火台の重量:ソロキャンプは1.5kg以内に抑えた方が持ち運びはしやすい!
  • 組み立て・収納:折りたたみタイプは収納もコンパクト!
  • 薪の焚べやすさ:薪の長さは30〜40cm!
  • 料理のしやすさ:火床から五徳まで高さのある焚き火台が調理しやすい!
  • 燃焼効率:一次燃焼・二次燃焼・煙突効果
  • 価格:パチグリルも使い勝手は変わらないしお財布と相談!
  • デザイン:最後は気に入ったデザインの焚き火台を選ぶ!

キャンプの醍醐味とも言える焚き火を楽しむためにも、自分が気に入った焚き火台を選ぶことでテンションも上がるし、ますます焚き火も楽しくなってきます。

おとん
おとん

選択肢が多いからこそ気に入ったデザイン!

焚き火を楽しみたいか、焚き火も料理も楽しみたいかで変わってはきますが、初心者キャンパーさんであればまずは焚き火も調理も楽しめる焚き火台を選んで、そこからキャンプスタイルを見つけてから2台目を選ぶのも一つの選択です。

むすめ。
むすめ。

キャンプにハマればなんだかんだで2台目・3台目が欲しくなる。

PICOGRILL(ピコグリル)

コメント