※当サイトではアフィリエイト広告を利用しています。
キャンプギアの選び方

ソロキャンプにバーナーは必要か?いらない理由と代用ギアを比較レビュー

ソロキャンプにバーナーは必要か?いらない理由と代用ギアを比較レビュー
Q
ソロキャンプにバーナーは必要?
A

バーナーがなくても焚き火などで湯沸かしや調理は出来るため、普段からキャンプで必ず焚き火を楽しむキャンパーさんはバーナーがなくてもどうにかなります。

キャンプで調理をするにはガスバーナーや焚き火台などが必要です。

バーナーがあれば使いたい時にすぐ使えるし、スイッチひとつで簡単に着火するため便利なのですが、「いる」か「いらない」かで言うと、ソロキャンプだと「いらない」です。

むすめ。
むすめ。

なかったとしてもどうにかなる。

おとん
おとん

特に焚き火派キャンパーさんは、持っていっても使わないことの方が多い。

実際、うちもバーナーは持っていますが、ソロキャンプでの出番はほぼなく、焚き火で湯沸かしや調理を済ませてます。

むすめ。
むすめ。

焚き火が辛い、夏キャンプくらいしかバーナーは活躍しないかな!?

使わないと結局荷物になるだけのため、特に駐車場からサイトまで歩かないといけないキャンプ場とかだとなるべく荷物は少なくしたいので、バーナーはお家でお留守番になってます。

ただ、キャンプ用ガスバーナーはシンプルでコンパクトなデザインも多く、やっぱりすぐに使えるのは便利なため、愛用しているキャンパーさんが多いのも事実です。

おとん
おとん

キャンプスタイルによって使い分けるのが一番かな。

この記事では、ソロキャンプにバーナーがいらない理由や代用ギアとの比較、ソロキャンプで使いたいシングルバーナーなどをまとめてレビューします。

スポンサーリンク

ソロキャンプにバーナーは必要か?バーナーを使うメリット

ソロキャンプにバーナーは必要か?バーナーを使うメリット
ソロキャンプにバーナーは必要か?バーナーを使うメリット
ソロキャンプでバーナーを使うメリット
  • 使いたい時にすぐに使える!
  • 火力調整が簡単!
  • クッカーに煤汚れがつかない!
あれば便利!

ソロキャンプにバーナーは「いらない」と言ってますが、もちろんあれば便利です。

まずは、ソロキャンプでもキャンプ用ガスバーナーが活躍する場面や、持って行くメリットなどをまとめてレビューします。

メリット①:使いたい時にすぐに使える!

キャンプ用バーナーは使いたい時にすぐに使える
キャンプ用バーナーは使いたい時にすぐに使える

キャンプ用ガスバーナーは、ガス缶にバーナーをセットするだけですぐに使えます

むすめ。
むすめ。

スイッチ押すだけですぐ着火!

お昼にキャンプ場にチェックインしすぐにお昼ご飯を食べたい時など、バーナーがあればすぐにお湯も沸かせるし、調理も出来ます。

おとん
おとん

チャチャっとカップラーメンとかもすぐ作れる!

焚き火だと薪を拾って焚き火台をセットして、焚き付けの準備とどうしても時間が掛かってしまいますが、バーナーがあれば使いたい時にすぐ使えます

むすめ。
むすめ。

チェックアウト前の朝ごはんもバーナーがあれば便利!

メリット②:火力調整が簡単!

キャンプ用ガスバーナーは火力調整が簡単
キャンプ用ガスバーナーは火力調整が簡単

キャンプ用ガスバーナーは、だいたい「つまみ」を回すだけで簡単に火力調整が出来ます。

短時間でお湯を沸かしたい時はガッと高火力で一気に沸かすことも出来ますし、弱火でコトコト煮込んだりすることも出来るので、普段からお家のガスコンロで料理するのと似たような感覚で作れます。

むすめ。
むすめ。

焚き火やアルストは火力調整が難しい。

メリット③:クッカーに煤汚れがつかない!

キャンプ用バーナーを使えばクッカーに煤汚れが付かない
キャンプ用バーナーを使えばクッカーに煤汚れが付かない
焚き火調理はクッカーに煤が付く
焚き火調理はクッカーに煤が付く

焚き火調理をすると確実にクッカーが煤で真っ黒に汚れます。

煤に汚れて真っ黒に育ったクッカーもかっこいいのですが、どうしても持ち運び中他のギアにも煤汚れが移ってしまうし、手も汚れてしまうため、衛生観念の高い人には向いてません(笑)

むすめ。
むすめ。

お家のキッチンに煤だらけのクッカーを干してたらママに怒られる。

ガスバーナーであれば煤汚れはつかないため、クッカーも綺麗に使えるし、後片付けも簡単です。

おとん
おとん

でも、やっぱり黒く育ったクッカーの方がかっこいい!

スポンサーリンク

ソロキャンプにバーナーがいらない理由

ソロキャンプにバーナーがいらない理由
ソロキャンプにバーナーがいらない理由
ソロキャンプにバーナーがいらない理由
  • 荷物が増える!
  • 焚き火でお湯は沸かせる!
  • ランニングコストが掛かる!
バーナーがなくてもどうにかなる

あれば便利なガスバーナーですが、ソロキャンプにバーナーがいらない理由をレビューします。

バーナーがいらない理由①:荷物が増える!

軽量化を求めるソロキャンプなら荷物が増えるバーナーはいらない
軽量化を求めるソロキャンプなら荷物が増えるバーナーはいらない

車を横付け出来るオートサイトであれば、多少荷物が増えても対応出来ますが、ソロキャンプ専用サイトは意外と駐車場から歩かされるキャンプ場も多いです。

使うか使わないか微妙なギアはなるべく持って行かず、軽量化を考えてるソロキャンパーさんであれば、持ち物リストからバーナーを省いてもどうにかなります

おとん
おとん

焚き火でも調理出来るし。

むすめ。
むすめ。

お湯を沸かすくらいならアルコールストーブの方が軽く持ち運べる!

OD缶バーナーであれば、クッカーの中にスタッキングして一緒に持ち運ぶことは出来ますが、CB缶はどうしても嵩張るため、最小限の荷物でソロキャンプを楽しむならバーナーはいらないです。

おとん
おとん

ガス缶が残り少なく、2本持って行くと更に荷物は増えるし。

バーナーがいらない理由②:焚き火でお湯は沸かせるし、調理も出来る!

バーナーがなくても焚き火でお湯は沸かせるし調理も出来る
バーナーがなくても焚き火でお湯は沸かせるし調理も出来る

ソロキャンプにバーナーがなくても、焚き火でお湯は沸かせるし調理も出来ます

バーナーみたいにすぐに使うことは出来ませんが、普段からキャンプで焚き火も楽しむキャンパーさんであれば、焚き火調理も一つの醍醐味です。

そこまで時間に追われることのないソロキャンプであれば、せかせかせずとも焚き火でのんびり遊べますし、バーナーがなかったとしてもどうにかなります。

むすめ。
むすめ。

ただ、夏だと暑い。

バーナーがいらない理由③:ランニングコストが掛かる!

バーナーはランニングコストが掛かるからソロキャンプにはいらない
バーナーはランニングコストが掛かるからソロキャンプにはいらない
ガス缶の種類CB缶(Cassette Gas Bombe)OD缶(Out Door)
内容量120・250g110(105)・250・500g
価格100〜250円くらい500〜1000円くらい
火力寒いと弱くなる強さが安定
ランニングコスト1.05〜2.92円/ガス1gあたり2.39〜5.71円/ガス1gあたり

キャンプ用ガスバーナーはCB缶(カセットボンベ)かOD缶(アウトドア缶)が主流です。

CB缶であれば100均でも買えますしランニングコストは安いのですが、OD缶だとサイズはコンパクトですが一気に高くなります。

おとん
おとん

火力やコンパクトさを考えるとOD缶も捨てがたい。

薪を拾えるキャンプ場であれば焚き火の燃料代は無料ですが、バーナーはどうしても燃料代が掛かってしまうため、コスパの良いCB缶を使ったとしてもランニングコストは掛かります。

キャンプ用バーナーと代用ギアを比較レビュー

キャンプ用バーナーと代用ギアを比較レビュー
キャンプ用バーナーと代用ギアを比較レビュー
Q
ソロキャンプでバーナーの代用に使えるギアは?
A

ソロキャンプにキャンプ用ガスバーナーを持って行かなくても、焚き火台ウッドストーブアルコールストーブなどで代用することが出来ます。

焚き火台とバーナー、アルコールストーブとバーナー、それぞれの代用ギアと比較しながら、ソロキャンプにバーナーがいらない理由をレビューします。

代用ギア①:焚き火台とバーナーを比較

キャンプ用バーナーと焚き火台を比較
キャンプ用バーナーと焚き火台を比較
焚き火台とバーナーを比較レビュー
焚き火台とバーナーを比較レビュー
火器焚き火台ガスバーナー
火力強い強火〜弱火まで調整可能
火力調整熾火にする必要があるつまみだけで簡単に調整可
調理クッカーに煤がつくお家感覚
準備・片付けめんどくさい簡単

焚き火台は観賞用に特化した焚き火台〜料理もしやすい焚き火台など、色々な種類の焚き火台が販売されてます。

キャンプ用バーナーと焚き火台を比較すると、もちろんバーナーの方が簡単に湯沸かしや調理は出来ますが、両方持っていってまで使うかと言うと微妙なところです。

おとん
おとん

せっかく焚き火をしているなら焚き火調理がしたいし。

むすめ。
むすめ。

焚き火調理はキャンプでしか味わえないし。

夏の暑い時期とか、焚き火をするのが辛い時期であればバーナーを使ってチャチャっと調理することもありますが、ソロキャンプで焚き火を楽しむなら、わざわざ荷物を増やしてまでバーナーを持っていこうという気にはなりませんでした

おとん
おとん

どちらかと言えば、バーナーはキャンプよりも登山に活躍するアイテム!

むすめ。
むすめ。

すぐに着火できるウッドストーブもあるし!

代用ギア②:アルコールストーブとバーナーを比較

キャンプ用バーナーとアルコールストーブを比較
キャンプ用バーナーとアルコールストーブを比較
アルコールストーブとバーナーを比較レビュー
アルコールストーブとバーナーを比較レビュー
火器アルコールストーブガスバーナー
火力弱い強火〜弱火まで調整可能
火力調整火力調整蓋を使って調整つまみだけで簡単に調整可
調理基本湯沸かし専用お家感覚
持ち運び軽量・コンパクトCB缶は嵩張る
耐久性壊れる心配がない壊れると使えない

アルコールストーブ(アルコールバーナー)は、名前の通りアルコールを燃料としたストーブです。

キャンプ用ガスバーナーと比較すると、火力は弱いし火力調整も苦手ですが、軽量・コンパクトにまとまるため、軽量化を求める登山家さんやソロキャンパーに人気のストーブです。

おとん
おとん

風防や五徳を合わせても、バーナより軽量!

むすめ。
むすめ。

荷物をコンパクトにまとめるなら一体型の「風防兼五徳」がおすすめ!

寒い時期でも確実に火がつくし、ガスバーナーのように壊れる心配がないため、お湯しか沸かす予定がないのであれば、予備のストーブとしてアルコールストーブは活躍します。

おとん
おとん

使うか使わないのか微妙な時は、より軽量なアルストの方が邪魔にならない。

むすめ。
むすめ。

アルコールストーブもキャンプならではの遊び!

ソロキャンプで使いたいシングルバーナー

ソロキャンプで使いたいシングルバーナー
ソロキャンプで使いたいシングルバーナー

ソロキャンプにガスバーナーはいらないし、代用ギアでもどうになるとレビューしましたが、それでもバーナーは根強い人気がありますし、メカニックでおしゃれなデザインにもそそられます。

おとん
おとん

優先順位は低くても一個は持っておきたい!

むすめ。
むすめ。

ソロキャンプで使いたいおすすめのシングルバーナーを紹介!

CB缶:SOTO レギュレーターストーブ ST-310

ソト(SOTO) レギュレーターストーブ ガス Amazon.co.jp 限定モノトーンモデル ST-310MT

製品名SOTO レギュレーターストーブ ST-310
使用時サイズ166×142×H110mm
収納サイズ140×70×H100mm
使用可能鍋サイズφ19cm以下
重量330g
耐荷重5kg
発熱量2.9kW(2,500kcal/h)
使用時間約1.5時間

SOTO レギュレーターストーブ ST-310は、定番人気のシングルバーナーです。

通常CB缶だと、寒い時期に使ったり長時間使おうとすると火力が弱まってしまいますが、SOTO レギュレーターストーブ ST-310は、マイクロレギュレーターのおかげで火力が落ちにくくなってます

むすめ。
むすめ。

CB缶だからコスパも高い!

SOTO レギュレーターストーブ ST-310はマイクロレギュレーターのおかげで火力が強い
画像出典:楽天市場
SOTO レギュレーターストーブ ST-310 ディティール
画像出典:楽天市場

純正のオプションパーツも豊富にありますし、定番人気なだけあってサードパーティー製のカスタムパーツも豊富です。

おとん
おとん

自分だけのST-310へカスタム出来る!

むすめ。
むすめ。

100均でもカスタムパーツが買える!

CB缶のバーナーを探しているキャンパーさんであれば、SOTO レギュレーターストーブ ST-310を選んでおけばまず間違いないと言えるほど、使い勝手の良いおすすめのバーナーです。

CB缶:イワタニ ジュニアコンパクトバーナー CB-JCB

イワタニ ジュニアコンパクトバーナー ガス CB-JCB

製品名イワタニ ジュニアコンパクトバーナー CB-JCB
使用時サイズ155×155×H127mm
収納サイズ82×68×H109mm
使用可能鍋サイズφ16cm以下
重量274g
発熱量2.7kW(2,300kcal/h)
使用時間約120分

イワタニ ジュニアコンパクトバーナー CB-JCBも、CB缶シングルバーナーの中では定番人気のバーナーです。

名前の通りコンパクトに収納出来るため持ち運びもしやすく、屋外使用でも風に負けない風防構造となっています。

むすめ。
むすめ。

風に強いのは大事!

イワタニ ジュニアコンパクトバーナー CB-JCB
画像出典:楽天市場
イワタニ ジュニアコンパクトバーナー CB-JCB 使い勝手
画像出典:楽天市場

専用ハードケース付きのため、持ち運ぶ時も壊してしまうリスクが減りますし、定番人気なだけあってカスタムパーツも豊富に販売されてます。

おとん
おとん

さすがガスと言えばイワタニってくらい、コスパの高いバーナー!

むすめ。
むすめ。

キャンプで使うなら火力も問題なし!

CB缶:スノーピーク HOME&CAMP バーナー

スノーピーク(snow peak) HOME&CAMPバーナー ブラック GS-600BK 卓上 ガスコンロ コンパクト アウトドア キ...

製品名スノーピーク HOME&CAMP バーナー
使用時サイズ346×301×H120mm
収納サイズ90×120×H255mm
使用可能鍋サイズφ14〜30cm
重量1.4kg
発熱量2.4kW(2,100kcal/h)
使用時間約110分

バーナーにもデザイン性を求めたいおしゃれキャンパーさんに人気なのが、「スノーピーク HOME&CAMP バーナー」です。

お家で使うカセットコンロをキャンプ用にブラッシュアップしたバーナーで、キャンプはもちろんお家でお鍋する時も活躍します。

むすめ。
むすめ。

スタイリッシュはバーナー!

スノーピーク HOME&CAMP バーナー カラバリ
画像出典:楽天市場
スノーピーク HOME&CAMP バーナー ディティール
画像出典:楽天市場

キャンプでも持ち運びしやすいように、細長くコンパクトに収納することが出来ますが、1.4kgとバーナーの中ではかなり重ためとなるため、軽量化を求めてるソロキャンパーさんには不向きです。

おとん
おとん

重量級キャンパーさん用。

むすめ。
むすめ。

おしゃれなカセットコンロ!

OD缶:プリムス P-153 ウルトラバーナー

製品名プリムス P-153 ウルトラバーナー
五徳サイズ最大φ148mm・最小φ90mm
収納サイズ75×88×H30mm
重量116g
発熱量4.2kW(3,600kcal/h)
使用時間約55分(250 OD缶)

プリムス P-153 ウルトラバーナーは、3600kcal/hと圧倒的なパワーを持ったOD缶バーナーです。

むすめ。
むすめ。

超早くお湯が沸く!

プリムス P-153 ウルトラバーナー
画像出典:楽天市場
プリムス P-153 ウルトラバーナー ディティール
画像出典:楽天市場

五徳の長さはクッカーのサイズに合わせて延長させることが出来るため、ソロキャンプで使うクッカーサイズであれば問題なく調理出来ます。

バーナーヘッドは4つに区切られており、風で一区画が消えてしまっても残りの区画で着火を保つよう設計はされていますが、最大限パワーを保つのであれば別途風防があった方が便利です。

むすめ。
むすめ。

風防は100均でも買える!

OD缶:SOTO アミカス SOD-320

製品名SOTO アミカス SOD-320SOTO マイクロレギュレーターストーブ ウインドマスター SOD-310
使用時サイズ76×100×H86mm3本ゴトク:90×117×H100mm
4本ゴトク:144×144×H96mm
収納サイズ40×43×H75mm47×51×H88mm
重量81g3本ゴトク:67g
4本ゴトク:87g
発熱量3.0kW(2,600kcal/h)3.3kW(2,800kcal/h)
使用時間約1.5時間(250 OD缶)約1.5時間(250 OD缶)

SOTOのOD缶バーナーと言えば、ゆるキャン△でもお馴染みの「SOTO マイクロレギュレーターストーブ ウインドマスター SOD-310」が風にも寒さにも強くおすすめですが、そこまでのスペックを必要としなければ「SOTO アミカス SOD-320」でも十分キャンプには対応します。

おとん
おとん

ちと寒さには弱いけど、普段使いには問題ない!

SOTO アミカス SOD-320 ディティール
画像出典:楽天市場
SOTO マイクロレギュレーターストーブ ウインドマスター SOD-310は風や寒さに強いバーナー
画像出典:楽天市場

OD缶バーナーの中ではアミカスは比較的リーズナブルだし、風にも強い燃焼構造となっているため、夏キャンプなどに使う予備のバーナーとしても活躍しました。

むすめ。
むすめ。

とりあえず一個持っておきたいなって時におすすめのバーナー!

まとめ:ソロキャンプにバーナーがいらない理由

ソロキャンプにバーナーがいらない理由 レビュー まとめ
ソロキャンプにバーナーがいらない理由 レビュー まとめ

今回はソロキャンプにバーナーがいらない理由をまとめてレビューしました。

なるべく荷物は少なく楽しみたいソロキャンパーさんであれば、バーナーがなくても焚き火などで調理や湯沸かしを代用できるため、なかったらなっかったでどうにかなります

むすめ。
むすめ。

代用出来るし、ソロキャンプではバーナーはいらないかな。

チェックアウト前に朝から焚き火するのはめんどくさくても、アルコールストーブで湯沸かしは出来ますし、ウッドストーブならその辺に落ちてる小枝で焚き火が出来ます。

おとん
おとん

焚き火メインならバーナーはいらない!

この記事のまとめ
  • ソロキャンプではバーナーの優先順位は低い。
  • 焚き火台やウッドストーブ、アルコールストーブなどで湯沸かしや調理が出来る!
  • バーナーは使いたい時にすぐ使えるからあると便利!

ソロキャンプしかしないキャンパーさんであれば、バーナーはいらないのですが、ファミリーキャンプやグルキャンなど、人数の多いキャンプも楽しむのであれば、一台持っておくと活躍します。

むすめ。
むすめ。

人数が増えると火器が足りなくなる。

結局はキャンプスタイルによって必要かどうかは変わってきますが、一台持っておけばもしもの時にも役立ちますし、やっぱりあると便利なギアではあります。

おとん
おとん

ただ、ソロキャンプだと優先順位は低い。

とにかく焚き火を楽しみたいソロキャンパーさんは、まずはバーナー選びよりも焚き火台探しに重点を置きそれでも必要と感じてからバーナーを選ぶのがおすすめです。

コメント